夢に出てくる人や異性の意味|夢に隠されたあなたの心理とは?

「夢」というのは不思議なものです。夢に出てくる人が誰かということひとつ取っても、深層心理のメッセージ性は異なってきます。家族や友人、同僚、恋人、他人、会ったことのない人まで、夢に出てくる人は実に様々です。この記事では、それぞれの意味や、そこに隠された深層心理を紹介していきますので、今後の人生に役立てていきましょう。

  • 夢に出てくる人には意味がある?

    寝ている間に見る夢では、現実では起こり得ないような出来事に遭遇することが珍しくありません。例えば、行くはずのない場所に行ったり、命の危険に晒されて怖い思いをしたり、空を飛んだり、死んだはずの人に再会したり。家族や友人だけでなく、芸能人や赤の他人が出てくることもあります。

    夢で見た人がとても印象に残っているのなら、それには何かの意味があるのかも。今回は、夢に出てくる人が持つ意味について考えていきましょう。

    あなたの深層心理を表している


    現実に出会う人とは違い、夢に出てくる人は決まった人ばかりではありません。家族や友人はもちろん、芸能人や有名人など出会って交流するはずのない人や、兵隊や殺人者など一生縁がないはずの人も出てきます。要するに、決まった人ばかりではなく、出てくる人に統一性がない場合が多いのです。

    夢に出てくる人は、実は「自分から見た自分自身」である場合もあります。仮の姿を使って、自分を客観視しようとする深層心理が働いているのです。すべてとは限りませんが、夢に出てくる人の多くは、何か深い意味を持っていると考えて間違いないでしょう。

    これから起こることの暗示


    夢に出てくる人が何かメッセージ性を持っているとするなら、これから起こることに対する何かの暗示であると考えられます。

    例えば怖い夢や緊迫した夢であった場合は、自分や周囲に何かトラブルが起こる暗示なので要注意。反対に、楽しい夢や喜びを感じるような夢を見たなら、自分や周囲に幸運が舞い込む暗示です。

    起きた後に強く余韻が残っている夢ほど、その後の日常生活の中で大きな変化がないか、注意深く確認する必要があります。

    異性の場合は恋愛の願望かも?


    夢に出てくる異性が知らない異性だった場合は、自分が求めている理想の恋愛相手を深層心理が伝えていると考えられます。夢に出てくる異性があまりタイプではないと思っていても、自分の深層心理では「本当はこのような人が良い」と判断している可能性が高いです。

    恋愛したいという願望を強く持っている証拠であり、自分自身が無意識に求めている相手でもあるのでしょう。

    また、夢に出てくる異性がすでに恋人である場合もあります。夢に出てくる恋人と仲睦まじい様子なら、現実は関係が良好ではないことを表していて、反対に喧嘩をしていたりギクシャクしていたりしていたのなら、現実は良い関係であると言えるでしょう。