「現金なやつ」の意味や語源とは?あるあるな特徴と使い方例文も紹介

「現金なやつ」という言葉はよく使われますが、本当の意味を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。この記事では、「現金なやつ」の意味や語源、特徴や心理を探っていきたいと思います。また、現金な人との上手な付き合い方も提案しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 「現金なやつ」の意味や語源とは?

    「現金なやつ」という言葉をよく耳にしますよね。良い意味で使われることはなく、悪い意味で使われることがほとんどです。ニュアンス的に悪い意味だということが分かっていても、本当の意味や語源を知っている人は意外に少ないのかも知れません。

    「現金なやつ」の意味や語源に迫り、正しく理解していきましょう。

    損得によって態度や主張を変える人


    「現金なやつ」とは、簡単に言うと、目先の損得で態度を変えたり主張を変えたりする人のことを言います。「やりたいかやりたくないか」ではなく「得をするか損をするか」が最優先の考え方であると言った方が分かりやすいのかもしれません。このことから「現金なやつ」と人から言われるのは決して喜ばしいことではないと分かりますね。

    親しい間柄において「お前は現金なやつだよな」と、冗談で言い合うのは許されますが、親しくない相手に言う時は注意が必要です。良い言葉ではないということだけでも理解しておいた方が、トラブルにならずに済むでしょう。

    語源は江戸時代の「現銀」


    そもそも、なぜ損得勘定をする人を「現金なやつ」と表現するようになったのでしょうか。

    語源の由来は江戸時代までさかのぼります。当時は現金で売買をするのではなく、ツケ払いが一般的でした。しかし、当時の現金である「現銀」が世の中で使われるようになってからは、商人たちに対して即座に現銀の受け渡しができるようになったのです。

    商人たちは、回収できるかどうかも分からないツケ払いの人よりも、現銀で支払ってくれる人に態度をコロッと変えるようになったことから「現銀なやつ」というようになりました。その後明治時代に入り「現銀」から「現金」になり、今の「現金なやつ」という表現のまま言葉が残ったのですね。

    商人のまち大阪でよく使われた言葉


    「現金なやつ」という言葉は、江戸時代に「商人のまち」と呼ばれた大阪で頻繁に使われていました。商人よりも武士が多く、言葉に慣れていない江戸の人たちには、あまり良い言葉として使われなかったようです。

    商人にとって、回収できるかどうか分からない「ツケ払い」なのか、即座に支払いとなる「現銀払い」なのかは重要であり、態度を変えてでも利益を上げようとするのは悪いことではありません。商人のまち大阪だからこそ、日常生活において頻繁に使われるようになったのでしょう。
  • 「現金なやつ」の類語とは?

    「現金なやつ」という言葉をよく使う人と、そうでない人がいます。「現金なやつ」という言葉を使わない人は、どのような言葉を使っているのでしょうか。「現金なやつ」という言葉の類語を見ていきましょう。

    調子がいい人


    自分の都合だけで自分勝手に態度を変えるという意味を持つ「お調子者」という言葉も「現金なやつ」の類語とされています。例えば、自分にとって嫌いな相手でも得になることが判明した途端に、すり寄っていくような態度をとれば「あいつ、調子がいいな」と言われてしまいます。

    また、バカにしていた相手が自分のことを尊敬している、または自分のことを褒めていたと知った途端に、コロッと態度を変えて優しくなる人のことも「調子がいい人」と表現します。とにかく相手が誰か、損得はあるのかで態度を変えてしまうのですね。決して好かれるタイプではありませんが、単純さが憎めない時があるのも事実です。

    打算的


    打算的とは計算高い人のことで、損得勘定で物事を決めてしまう人という意味があり、「現金なやつ」の意味とほぼ一緒だと言えます。このような人が周囲にいると、自分が損な役割になってしまうことも多いので注意が必要です。

    上司にゴマをすり気にいられることで、仕事面で優遇してもらえるのですが、損を被った周囲からは好かれません。それどころか反感を買ってしまうので、結局は損をしているのかもしれないですね。

    ずる賢い


    「ずる賢い」とは「調子がいい」という表現よりも、否定的な意味合いがあります。「悪知恵が働く」というイメージですね。陰で悪口ばかり言っているのに、本人の前ではおべっかを言ってご機嫌取りをするのも、ずる賢い人のすることだと言えるでしょう。

    自分の損得勘定だけで、今までの主張を簡単に覆すこともあり、周囲からの信用を得ることは難しいと言えます。このような人とは一旦距離を置いた方が良さそうですね。

    虫がいい


    「虫がいい」という言葉も「現金なやつ」という言葉と同じような意味を持ちます。ここでいう「虫」とは、人の「感情の核心」を意味し、感情や欲望のままに自分の都合に良いように振舞う様を表現しています。

    自分の感情のまま行動し、周囲の迷惑を顧みずに行動するため、身勝手な人であることには間違いありません。悪口を言ってバカにしていたのに、自分の得になる相手だと判明した途端、すり寄ってくる人も「虫がいい」と言えるでしょう。

    ちゃっかりしている


    「ちゃっかりしている」という言葉は「調子がいい」という言葉とほぼ同じですが、他の類語と比較しても、さほど悪い印象を与えない言葉だと言えるでしょう。

    「ちゃっかりしている」という言葉は、自分の利益になるように行動する、または都合よくなるように行動することを表現しますが「あなた、ちゃっかりしてるわね」などと、本人を目の前にしても言えたりするほど、嫌味のない表現でもあります。

    言われた本人も笑えるほど、言葉に強い悪意がないため「現金なやつ」という言葉よりも気軽に使われています。