「現金なやつ」の意味や語源とは?あるあるな特徴と使い方例文も紹介

「現金なやつ」という言葉はよく使われますが、本当の意味を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。この記事では、「現金なやつ」の意味や語源、特徴や心理を探っていきたいと思います。また、現金な人との上手な付き合い方も提案しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 「現金なやつ」の意味や語源とは?

    「現金なやつ」という言葉をよく耳にしますよね。良い意味で使われることはなく、悪い意味で使われることがほとんどです。ニュアンス的に悪い意味だということが分かっていても、本当の意味や語源を知っている人は意外に少ないのかも知れません。

    「現金なやつ」の意味や語源に迫り、正しく理解していきましょう。

    損得によって態度や主張を変える人


    「現金なやつ」とは、簡単に言うと、目先の損得で態度を変えたり主張を変えたりする人のことを言います。「やりたいかやりたくないか」ではなく「得をするか損をするか」が最優先の考え方であると言った方が分かりやすいのかもしれません。このことから「現金なやつ」と人から言われるのは決して喜ばしいことではないと分かりますね。

    親しい間柄において「お前は現金なやつだよな」と、冗談で言い合うのは許されますが、親しくない相手に言う時は注意が必要です。良い言葉ではないということだけでも理解しておいた方が、トラブルにならずに済むでしょう。

    語源は江戸時代の「現銀」


    そもそも、なぜ損得勘定をする人を「現金なやつ」と表現するようになったのでしょうか。

    語源の由来は江戸時代までさかのぼります。当時は現金で売買をするのではなく、ツケ払いが一般的でした。しかし、当時の現金である「現銀」が世の中で使われるようになってからは、商人たちに対して即座に現銀の受け渡しができるようになったのです。

    商人たちは、回収できるかどうかも分からないツケ払いの人よりも、現銀で支払ってくれる人に態度をコロッと変えるようになったことから「現銀なやつ」というようになりました。その後明治時代に入り「現銀」から「現金」になり、今の「現金なやつ」という表現のまま言葉が残ったのですね。

    商人のまち大阪でよく使われた言葉


    「現金なやつ」という言葉は、江戸時代に「商人のまち」と呼ばれた大阪で頻繁に使われていました。商人よりも武士が多く、言葉に慣れていない江戸の人たちには、あまり良い言葉として使われなかったようです。

    商人にとって、回収できるかどうか分からない「ツケ払い」なのか、即座に支払いとなる「現銀払い」なのかは重要であり、態度を変えてでも利益を上げようとするのは悪いことではありません。商人のまち大阪だからこそ、日常生活において頻繁に使われるようになったのでしょう。