尻フェチはなぜお尻に惹かれる?お尻好き男女の心理と特徴を解説

  • お尻フェチにとっての理想のお尻とは?

    「お尻フェチ」がいかに奥深いか、ご理解いただけましたでしょうか?そんなお尻フェチの人にとって「理想のお尻」についてご紹介します。人それぞれに好みがあるように、お尻の形についても様々な好みがあるのです。

    お尻フェチの方は、日頃からたくさんの人のお尻をチェックしているので、お尻の形にはこだわりが多いのです。

    形が良い


    「立体感のあるお尻は、ついつい目で追ってしまう」(33歳/男性/営業職)との声があるように、お尻フェチな人は、とにかくお尻の形が良いかどうかをチェックしています。ただボリュームがあるというだけではなくて、お椀のような形をしているかどうかが重要なポイント。

    立体感があったとしても、女性らしい丸みのあるお尻でないと、魅力は半減してしまうでしょう。面積が広く、四角いお尻をしている方がいますが、それはお尻の筋肉がなく、脂肪を支え切れていない証拠です。お尻フェチの男性を唸らせるためには、やはりお尻の筋肉をつけることが最重要なのです。

    程よく引き締まっている


    「大きいお尻は好きだが、セルライトでボコボコのお尻はちょっとエロさを感じない」(30歳/男性/サービス業)

    お尻に立体感があるからといって、筋肉がある程度なければお尻はただの脂肪だけになって、垂れ下がってしまうもの。お尻は筋肉と脂肪のバランスが非常に重要なのです。

    程よく引き締まっているお尻は、プリッとして見えますよね?スキニーパンツなどを穿いた時には特にその形がよくわかります。ですので、パンツスタイルの時には、お尻を見られていることを意識してみましょう。実は自分が思っているよりも、お尻がいつの間にか垂れ下がっていた!なんてことはよくあります。

    そうならないように、しっかりヒップアップトレーニングをしておきましょう。

    理想の形は人によって違う


    「自分はとにかく大きなお尻が好きだが、友人はプリッと小ぶりなお尻がいいと言っていたので、同じお尻フェチでも更に細かいカテゴリーがあるんだと感じた」(26歳/男性/飲食業)

    やはり、人にはそれぞれ好みがあります。単純に「お尻フェチ」と言っても全員が全員同じタイプのお尻が好きということはありません。「筋肉質なお尻」「脂肪がたっぷりのお尻」「とにかく大きいお尻」「小ぶりなお尻」など様々なテイストに分かれることも。例えば、「下着をつけているお尻が好き」などと条件があることも多いのです。なかなか奥が深いですね。

    すべすべのお尻


    「いくら形がよくて、好みのお尻だったとしても、いざ付き合ってエッチをするとなった時に、お尻がカサカサしていると、がっかりする。」(23歳/男性/不動産業)

    やはり、形だけが良くてもすべすべなお尻でなければ、がっかりされてしまう可能性があります。ムダ毛についても同様。意外と気づかないものですが、VIOには自分が思っている以上にムダ毛があります。せっかくの綺麗なお尻が、ムダ毛やカサつきのせいでがっかりされないように、しっかりケアをしましょう。

    お尻と太ももの境目が大切


    「お尻がプリッとしているかどうかは、お尻と太ももの境目を見てチェックしている。」(34歳/男性/美容師)

    お尻がプリッとしているかどうかは、太ももとお尻の境目が、きちんとくっきりあるかどうかが大切なポイントです。この境目がわかりにくくなってくると、お尻が垂れ下がってきている証拠。「出っ尻」という、反り腰になっている可能性も考えられます。お尻フェチの人は、この境目で自分の好みのお尻かどうかを判断しているのです!