女性が髪をバッサリ切る心理とは?失恋以外にもさまざまな理由が!

  • 髪を切る心理や衝動を抑えるには?

    ある日突然「髪の毛を切りたい!」と思ったときに効果的な「髪を切る欲求」を抑える方法をご紹介します。髪を切るとガラッと雰囲気が変わってしまいますから、後悔しないように計画的に髪を切ることをおすすめします。

    髪を切りたい衝動を一度落ち着かせるための方法には、どのようなものがあるのでしょうか。もし突然髪の毛を切りたくなったときには、一旦こちらの方法を試してみて下さい。

    ショッピング


    衝動的に髪を切る女性の心理には「イライラ」が隠されていることがあります。つまり、ストレス発散のために髪を切ろうとしているのです。なぜ、イライラにショッピングが良いのかというと、買い物すると「物欲」が満たされるからです。

    物欲が満たされるときにストレスが発散されるので、髪の毛を切りたいという心理が落ち着き、衝動的に髪を切るのを防ぐ効果があるのです。「髪を切りたい衝動」を感じたら、ショッピングに出かけてみましょう。

    好きなものを食べる


    髪を切りたいという心理を落ち着かせるためには、食欲を満たすことも効果が期待できます。食べる行為にはストレス発散効果があるということをご存じですか?好きなものを好きなだけ食べるとスカッとするのです。

    つまり、髪を切りたいという衝動的な気持ちを落ち着かせるには、好きなものを好きなだけ食べるということです。食べることでストレスを発散しやすい方には、特に効果的な方法といえるでしょう。

    髪を切る前に手持ちの服と合うかよく考える


    髪をバッサリ切りたくなる心理には「イメチェン」「髪型に飽きた」という意味が秘められていることがあります。しかし、無計画に髪を切ってしまったら後悔する可能性も。

    もし、手持ちの洋服がショートヘアーに似合わない雰囲気のものだった場合は、髪型と服装がちぐはぐになってしまうかもしれないですよね。手持ちの服にショートヘアーが似合うものがないのなら、まずは服を揃えることから始めないと後悔してしまうかもしれません。

    後悔してからでは遅いので、髪を切りたい衝動に駆られたらまずはクローゼットを覗いてみてはいかがでしょうか?

    切るのではなくショートヘア風アレンジを覚える


    ショートヘアー風の髪型を楽しめるロングヘアーのアレンジ方法があります。髪を切って短くしてしまうと、ウィッグやエクステを使わない限り、ロングヘアーは楽しめません。

    しかし、ロングヘアーをショートヘアー風にアレンジをすれば、ロングヘアーとショートヘアーどちらも楽しめて一石二鳥です。思い切ってショートヘアーにするよりも、ロングヘアーのままにしておいたほうが、オシャレの幅が広がりますよ。