知らない番号から着信が…!電話の相手を検索するやり方&対処法

  • 知らない番号からのショートメール...対処法は?

    近年では電話での詐欺だけでなく、ショートメール(SMS)を使った架空請求やクリック詐欺も増えています。いきなり知らない番号からショートメールが送られてくると驚いてしまいますが、こちらも焦らずに対処することが大切です。その方法を、一緒に見ていきましょう。

    身に覚えのない内容には一切返事しない


    大前提として、身に覚えのない内容には一切返信しないことです。いきなり知らない番号から「◯◯円の利用料金が発生しています」「メールを受信した日から◯日以内にお支払い頂けない場合、法的手段を取らせて頂きます」という連絡が来れば、多くの人は気が動転してしまうでしょう。でも、まずは落ち着いてください。

    このようなメールは、”法的手段”などの文句で人の不安を煽り、多額の料金を支払わせることを目的とした典型的な詐欺です。まともな企業なら、そのような請求をショートメールで知らせることはあり得ません。絶対に、返信や文末に記載されている番号への連絡はしないようにしましょう。

    電話番号を検索する


    ショートメールは電話番号で送られてきますから、迷惑電話のときと同様、番号を検索すれば怪しいか・怪しくないかを判別することができます。知らない番号からメールが来たら、一度番号を検索して悪い口コミがないか確かめましょう。

    前述したとおり詐欺の可能性もあるので、迷惑メールの番号にヒットしない場合でも安易に自分から連絡せず、様子を見てください。

    警察に相談にいく


    無視するのがどうしても不安な人は、スマホを持って警察に相談に行きましょう。警察官にショートメールを見せて、交流がない人から連絡が来たこと、身に覚えがない請求をされたことを伝えてください。

    説明した上で警察の方に「このメールは詐欺なので、無視して大丈夫です」と言ってもらえれば心強いですし、安心できますよね。

    一人で悩み続けたせいで、電話をしてしまってから、あるいはお金を払ってしまってからでは、取り返しがつかなくなってしまいます。忙しくて足を運べない場合は、電話相談を利用しましょう。

    公式サイトに注意喚起がないか確認する


    警察に行く以外でも、本当に無視して大丈夫なメールかどうかを確認する方法があります。それは、知らない番号からのメール内で配信元とされている企業の「公式サイト」を見ることです。

    例えば、通販サイトを謳った架空請求メールが来たら、一旦メールを閉じて通販の公式サイトをチェックしてみましょう。そこに架空請求や詐欺関連の注意喚起がされていれば、あなたの元に送られてきたのは詐欺目的のショートメールということになります。

    注意として、メール内のリンクから飛んでしまうとクリック詐欺やウイルス感染の被害に遭ってしまうことがあるので、絶対に一度メール画面を閉じてください。

    また、日頃から「手帳にメモする」「注文確定メールをアーカイブする」などして買い物の内容や金額がわかるようにしておくと、突然知らない番号から身に覚えのない請求メールが来ても慌てずに済むでしょう。

    知らない番号からのメールをスクショして証拠を残す


    「架空請求のメールなんて、残しておくのは気持ち悪いから消してしまいたい…」その気持ちはごもっともですが、ちょっと待って!万が一のために、知らない番号からのメールのスクリーンショットを撮っておくと安心です。

    スクショを残しておくことで動かぬ証拠となり、電話でいう録音機能と同じく、何かトラブルが発生したときに役立ちます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)