知らない番号から着信が…!電話の相手を検索するやり方&対処法

  • 知らない番号からの着信への対処法とは

    では、実際に知らない番号からの着信があったときには、どう対処するのがベストなのでしょうか?対処法を5つご紹介しますので、参考にしてください。

    とりあえず出てみる


    先ほどご紹介したとおり、知らない電話番号だからといって、必ずしも詐欺やセールス目的というわけではありません。宅配業者だったり、直近で利用したお店からだったり、はたまた会社の上司からの連絡だった!なんてこともあります。

    そのため、知らない番号だからと不安になりすぎず、とりあえず出てみるというのも一つの手。ただし、自分からは名乗らず、万が一電話の内容が怪しいと感じたらその時点で切るようにしましょう。

    出ないで番号を控えネットで検索する


    必要な連絡や知り合いの可能性が捨てきれないとはいえ、やはり知らない番号の電話に出るのは怖いものですよね。そこで活躍するのがウェブ検索です。

    知らない番号から電話がかかってきたら、いきなり出ないで番号を控え、ネットで検索しましょう。そうすることで”番号を保有している業者は何の企業で、何を目的にかけてきているのか”を確認できます。

    詐欺や迷惑電話だった場合は「迷惑電話だ」「変な勧誘をされました」という口コミが出てくるので、誤って電話に出てしまうのを防げますよ。

    電話帳ナビというアプリ等を活用して調べる


    ウェブ検索のほか、「電話帳ナビ」「Whoscall(だれ電)」などのアプリを使って、不審な番号からの電話を解析することもできます。検索の手間が省けるので、いちいち番号を検索するのは面倒だというスマホユーザーにおすすめです。

    市街地番号から推測してみる


    固定電話からの着信の場合は、市外局番を調べることで、どの県から電話がかかってきているのかを推測できます。遠く離れた市外局番からの着信であることが判明すれば「おかしい」と気づくでしょう。

    ただし、自分の住んでいる県・市町村区からの着信であれば絶対に安心というわけではないので、どちらにしても注意が必要です。

    公衆電話や非通知で折り返しする


    最終手段として、公衆電話や非通知機能を使って折り返す方法もあります。ウェブ検索や電話帳ナビなどのアプリを使っても相手を特定できず、どうしても気になるというときに有効な方法でしょう。

    しかし、知らない番号からの電話の大半は迷惑電話なので、自分の名前や携帯番号、住所などの情報を求められても絶対に伝えないこと。そして繰り返しになりますが、折り返しの電話をかける時は、個人情報を守るためにも必ず公衆電話や非通知機能を利用してください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)