征服欲が強い男性の心理&特徴とは?上手く付き合う方法も伝授!

征服欲が強い男性は、周囲を圧倒することに力を注ぎ、馬鹿にされることを嫌います。なぜ征服欲の強い男性はこのように考えるのでしょうか。今回の記事では征服欲が強い男性の心理や特徴のほか、上手に付き合っていく方法などについてもお伝えしていきます。

  • 「征服欲が強い男性」とは?

    あなたの周りに「征服欲が強い人だな」と感じる人はいますか?ここでは征服欲が強い男性をピックアップして、いろいろな視点から解説していきますので、ぜひご一読ください。

    相手を思うままにしたい


    征服欲が強い男性は、相手のことを自分の思う通りにしたいと思っているところがあります。何かを征服して自分の思い通りに動かすことがもともと好きな性格。

    仕事や趣味のみならず、付き合う女性についても自分のコントロール下に置きたがります。自分の思う通りに事が運ばないと、ストレスが大きくなり理不尽に怒ることもあります。

    「支配欲」や「独占欲」に似ている


    征服欲という言葉は、対象を制圧して服従させたいという欲望のことです。類語には「支配欲」や「独占欲」といった言葉がありますが、相手のすべてをコントロールしたいという気持ちのことを征服欲といいます。

    もちろん女性の中にも征服欲が強い人もいますが、男女の割合で言うと男性の方が多い傾向にあります。
  • 征服欲が強い男性の心理とは?

    征服欲が強い男性はどんなことを考えて支配的になるのでしょうか。ここでは征服欲が強い男性が、支配的になってしまう心理についてお伝えしていきます。

    彼女を独占したい


    征服欲が強い男性は、自分のカテゴリー内にあるものはすべて自分のものだと思っています。女性に対してもそれは例外ではなく、女性を所有物のように思っているところがあります。

    付き合っている女性を独占したいという気持ちが強いので、彼女が他の友達と遊びに行っても常に電話やメールで確認を取ります。他の男性が彼女と仲良く話すのもタブーです。

    主導権を握りたい


    常にイニシアティブをとっていたいのが、征服欲が強い男性の特徴のひとつ。自分で進む方向を決めたいという気持ちが強くあります。また自分のテリトリー内にいる人の意見をあまり聞こうとしません。

    最終的に決めるのは自分であって、ほかの人ではないと本能レベルで思っているので、余計な口出しをされると怒り出します。支配欲の強い男性に意見をするときは、へりくだった表現にするのが得策です。

    女性を屈服させたい


    征服欲の強い男性は、女性という性別を屈服させたいと思っていることもあります。か弱くて気が弱い女性であるほど支配しやすいため、征服欲の強い男性は素直でおとなしい女性を選ぶ傾向があります。

    彼女というのは極めてプライベートな領域に入る人間なので、自分より優位に立つような女性はあまり選びません。そのため自分の言うことを聞いて、反抗できる力がない女性に目を付けてアプローチします。

    支配と被支配者の関係を築きたい


    支配者と被支配者という構造になるのも、征服欲の強い男性の特徴です。仕事場でも上には媚びを売り、下には厳しいという上司はいませんか?征服欲が強いというのは、権力者に憧れているということでもあります。

    征服欲の強い男性は、恋人、友人の間に、上下関係による権力構造を持ち込もうとします。女性を支配下に置いて、自分の方が圧倒的に優位であることを逐一証明するような行動も見られます。

    すべてをコントロールできていないと不安


    征服欲が強めの男性は、すべてのことに心配になりやすい性質があります。そのため、色々なことを自分の思い通りに進めないと、不安で仕方がなくなるのです。

    心配事があるとすぐに対処するのも、不安に思う気持ちが強いから。征服欲が強くすべてを掌握したがるのは、周囲に対する不信感が強く、すべてをコントロールしないと心配になってしまうからという側面もあります。

    支配して自分の有能さを証明したい


    支配的で征服欲旺盛な男性は、周囲の人を支配し、意のままに操ることで、自分の有能さを周囲に証明しようとしています。「俺はこれだけの人間を動かす力があるんだ」ということを常に周囲にアピールし続けます。

    征服欲が強い男性が一番恐れるのは、周囲に侵略されることです。侵略されて支配されることは、支配的な男性にとって最も屈辱的なことでしょう。