胸には性感帯がたくさん!女性が「本気で感じる」愛撫のコツとは?

  • 胸の性感帯を愛撫するポイント《スペンス乳腺編》

    胸の性感帯の中でも開発すべきなのが「スペンス乳腺」です。最初にお伝えしたように、スペンス乳腺は「胸のGスポット」と呼ばれるほど深い快感が得られる部分。しかも、バストアップ効果が高いので、女性にとっては嬉しいことばかりです。おっぱい好き男性にも覚えてほしい、「胸の性感帯を愛撫するポイント・スペンス乳腺編」をご紹介していきます。

    時間をかけて開発していく


    スペンス乳腺の場所は、わきの下からアンダーバストの延長上のラインにあたります。ふくらみもない部分なので性感帯というイメージが湧かないかもしれません。しかも、わきの下の近くなので、ちょっと触れただけでくすぐったがる女性が多いでしょう。

    Gスポットと同じように、スペンス乳腺も時間をかけて開発することが大切です。愛撫するたびにスペンス乳腺も刺激していきましょう。少しずつ感度が高まっていきますよ。

    挿入しながらスペンス乳腺を刺激する


    ただスペンス乳腺に触れるよりも、挿入しながら刺激した方が「気持ちいいかも」と思えるはず。性感帯の感度が上がれば胸イキすることも可能です。スペンス乳腺は開発次第では、胸イキできる部分なのでぜひコツコツ刺激してみましょう。

    ゆっくり舌で舐めて愛撫


    スペンス乳腺に触れて「気持ちいい」という感覚がわかってきたら、ゆっくり舌で愛撫してみてください。かなり敏感な部分なので、舌先でそっと触れるのがポイントです。ジワジワ高まる快感に、思わず声が漏れるのではないでしょうか。

    胸を挟み込みながら刺激


    スペンス乳腺だけを刺激することに難しさを感じるなら、アンダーバストを包み込んで胸を挟み込みながら刺激してみましょう。アンダーバストのラインをなぞっているうちに、スペンス乳腺も一緒に刺激できるのでおすすめです。

    お風呂あがりにマッサージする


    女性が胸で気持ちいいと感じやすいのが、お風呂あがりのときです。血行の流れがよくなったとき、スペンス乳腺をマッサージすると「気持ちいい」と感じやすくなります。バストアップ効果も高まるので、マッサージしてあげると喜びますよ!