胸には性感帯がたくさん!女性が「本気で感じる」愛撫のコツとは?

  • 胸の性感帯を愛撫するポイント《乳首・乳輪編》

    胸の中で1番強い刺激を感じるのが乳首です。乳首には無数の性感帯が集まっているので、軽く愛撫しただけで十分に感じてしまうポイントでもありますよね。「まずは乳首を愛撫して…」という流れが定番になっていますが、何度も言うように乳首を愛撫するのは最後のお楽しみに取っておきましょう。

    そして、もっともっと気持ちよくなる乳首の愛撫のやり方を知りたくありませんか?ここでは、「胸の性感帯を愛撫するポイント・乳首と乳輪編」をご紹介していきます。

    乳輪を舌でなぞり焦らす


    乳首を愛撫する前に、じっくり乳輪を舐めてみてください。ブツブツがある乳輪も、乳首と同じレベルで快感が走る性感帯です。乳輪を愛撫するやり方はとっても簡単で、舌でゆっくりなぞるだけ。これだけで「もうダメ!」と思わせるほど焦らすことができます。

    たっぷりの唾液を舌に絡めて


    愛撫をするときに重要なのが唾液です。乳首や乳輪を舐めるときにはたっぷりの唾液を舌に絡めてみてください。ローションを塗られたような快感を与えることができます。敏感に感じる性感帯なので、ガサガサした指で触れないためにも十分に濡らすようにして愛撫をしましょう。

    優しく吸ったり固くした舌でコリコリする


    「いよいよ乳首を愛撫する」となったら、優しくそっと吸うことからはじめましょう。わざと「チュッ」とリップ音を立てる演出をするのもおすすめです。少しずつ吸うスピードを早めて、固くした舌で乳首を転がすようにコリコリしてみてください。身をよじらすほど気持ちよくなるはずです。

    乳首をくわえながら舐める


    乳首でとことん感じさせる上級テクニックがこの方法。乳首をくわえながら舐める、です。乳首全体をすっぽりと唇でくわえたら、舌先でペロペロ舐めてみてください。乳首全体の性感帯でたっぷり刺激を感じることができるので、胸イキする女性もいるでしょう。

    反対の乳首を指でつまむ


    片方の乳首を舐めているときは、反対の乳首は指でクリクリとつまむこともお忘れなく。両方の胸の性感帯を刺激されれば、一気に感度が高まって絶頂を迎えるのも早まります。クリイキする女性なら、さらにクリトリスも指でクリクリしてみてください。