「寂しいな…」その心理や原因とは?男女別に寂しさの対処法を紹介

  • 寂しい・孤独な気持ちの対処法《男性編》

    寂しい気持ちや孤独な気持ちに対処するために、男性におすすめなのは何かに打ち込むことです。以下に孤独感をなくす対処法として、男性におすすめの方法をいくつかご紹介していきます。

    結果がでるまで仕事に打ち込む


    男性は仕事に打ち込んでいると、孤独感や寂しい気持ちを感じなくなります。成果を上げるために夢中になっている間は、寂しいという気持ちを感知しなくなるからです。

    ただし仕事に打ち込んでいる間は良いのですが、自宅に戻って安静にしているときなどに急に孤独感がこみあげてくることも。また休日返上して仕事に精を出すなど、ワーカホリック的な働き方にならなように注意が必要です。

    楽しいことに打ち込む


    孤独感が強くて寂しい気持ちを何とかしたいものの、仕事にそれほど情熱を持てないという人もいるでしょう。仕事に打ち込めないという人の場合は、趣味など自分の好きなことに打ち込むという方法も。

    自分が夢中になれるものに打ち込んでいる間は、孤独や寂しさといった感情を忘れることができます。打ち込める何かがない場合は、夢中になれるぐらい好きなものを探してみましょう。

    他人の評価に固執しない


    男性は、社会的な地位や立場、友人の多さなど、周囲と比較して「自分はダメだ」と思うことでより孤独感を強めてしまう傾向があります。「周囲と比べて自分はダメだな」と思ったら、一旦周囲の雑音をシャットアウトしましょう。

    ゆっくり過ごせるような場所に行ったり、自分の好きなことに打ち込むなどすると、一時的にでも避難することができます。周囲の声を気にしすぎないことで、強い孤独感を和らげることができるでしょう。

    集団から一度離れてみる


    集団から疎外されたときや、馴染み切れないとき、人は孤独感を強く感じます。男性の場合は職場の出世コースから外れたり、クラスの中で浮いたりといった状況があげられるでしょう。

    そんなときは、むしろ集団から遠ざかってみると良いかもしれません。自分を疎外した集団は、全人類から見ればほんの一部。そのことを実感できれば、たまたま集まった集団が合わなかっただけだと冷静に感じることができるのではないでしょうか。

    身体を動かす習慣をつける


    特に男性の場合、身体を動かすことで孤独感を和らげる効果が期待できます。女性でも身体を動かすのは気持ちが良いものですが、男性の場合はその効果が強いので、孤独感などのマイナスの感情が湧いてきたときは身体を動かすのがおすすめです。

    マラソンやジョギングなどは特におすすめの運動で、運動習慣をつけることでマイナスの思考回路を和らげることができるでしょう。嫌な気分や寂しい気分のときは、ひとまず身体を動かしてみてください。

    自分だけの武器を磨く


    男性の場合、「この分野に関してはかなりの自信がある」というものを一つでも取得しておくと、自信につながりやいものです。多分野を器用にこなす男性もいますが、男性はシングルタスクの方が得意な傾向が。

    そのため多くの分野をまんべんなくこなせるようになるよりも、ひとつのことを極めた方が効率が良いという側面もあります。何か自信につながるようなスキルを身に着けることで、寂しいという感情を抑えることができるでしょう。