引き寄せノートで願いを叶えよう!効果バツグンな作り方・書き方とは?

  • 願いを叶える!引き寄せノートの作り方

    準備ができたら、早速引き寄せノートに願いを書いていきましょう!ここでは、引き寄せノートの効果的な書き方についてお話しします。自由に、思いのままペンを走らせてみてください。

    1ページに1つ願いを書く


    引き寄せノートは、1つの願いにノートの1ページを使って、広々と書きます。与えられたスペースを存分に使って、あなたの願いが実現した世界をノートに広げるようにイメージして。

    まずは、今日の日付を書き、次にあなたの願いをシンプルに文字にしてみましょう。例えば、「私は〇〇さんの恋人になり、幸せな毎日を送っています」のような感じでOKです。

    叶うことを前提に書く


    引き寄せノートに願いを書くときの最大のポイントは、「叶いますように」ではなく「叶う」または「叶った」と強く言い切ること。引き寄せノートは、書いたことが実現するノートです。少しややこしい言い方をすると、「叶いますように」という書き方は、「叶えたい」という状態を叶えてしまうのです。

    すでに叶えた状態の「私は〇〇を実現することができました」という書き方が一番強力ですが、しっくりこない場合は「私は〇〇を実現します」でも問題ありません。

    実現したい理由を書く


    願いを書いたら、次は自分がなぜそれを実現したいのか理由を書きましょう。例えば「お金持ちになりたい」であれば、なぜお金持ちになりたいのかを書き出してみるのです。

    「お金持ちになって、タワーマンションに住みたい」や「毎月海外旅行に行きたい」であれば、「そのためにはいくらぐらいのお金が必要になるだろう」という金額を考え、それを最初に書いた願いにフィードバックしましょう。すると漠然と「お金持ちになりたい」だったのが「年収一千万円のお金持ちになりたい」など、より具体的になります。

    願望の先にある目的や味わいたい感情などを明確にすることで、何のために叶えるのかという意思が定まり、実現の可能性が高まるでしょう。

    写真や切り抜きで視覚的にイメージを作る


    言葉で作ったイメージをさらに強固なものにするため、用意しておいた写真や切り抜きを使って、願いが叶った世界をビジュアル化します。願いの実現イメージに近い画像を探し、マスキングテープなどを使ってペタペタと貼っていきましょう。

    コラージュの中央に自分の写真を入れておくと、それが叶った世界の中にいる自分をイメージで繋げやすくなります。笑顔の写真を用意して、願いが叶って思いっきり幸せそうな自分の姿を思い描きましょう。

    言葉に加え、コラージュを作ってビジュアル化することで、引き寄せノートはさらに強力なイメージングツールになります。