我慢できない!彼氏が「ヤリたい気持ち」でいっぱいになる瞬間とは?

  • 彼氏が「我慢できない」と思う瞬間とは?《恋愛編》

    彼氏が「我慢できない」と思う瞬間は、さまざまな場面に潜んでいます。

    次は、恋人同士の行動の中での我慢できないスイッチを見ていきましょう。

    キスをしている時


    「キスしたら、やっぱりエロい気持ちになってくる。スイッチ入っちゃうかな。」(21歳/男性/学生)

    彼女とのスキンシップの中でも、キスをしている時は最も性欲が刺激される瞬間です。深いキスをしているだけでも体が反応してしまい、我慢できない気持ちになってしまうことは大いにあります。

    「セックスがしたい」と伝えるのは少しハードルが高いかもしれませんが、「キスがしたい」となら伝えられるのではないでしょうか。「キスしたいな」なんて可愛く言われたら、彼氏も嬉しくなって我慢できないスイッチも刺激されるはずです。

    ベッドでいちゃいちゃしているとき


    「寝ようといいつつ、ベッドでいちゃいちゃしてたらやっぱりしたくなっちゃう。」(28歳/男性/サービス業)

    やはりベッドは性的なイメージと深く結びついているため、2人で同じベッドに一緒に寝るというのは、我慢できないスイッチを押すには最適な行為だと言えるでしょう。

    ベッドで2人で抱き合ったり、キスをしたりといちゃいちゃしていれば、彼氏の我慢できないスイッチが入るのも時間の問題です。甘く幸せなムードが作れるといいですね。

    Hな会話をしている時


    「彼女とHな話をしていたら、その気になってしまった。ちょっと卑猥な単語が出てくるのがドキドキした。」(27歳/男性/建築業)

    恋人と2人きりの会話の中には、時にはちょっと際どい内容も出てくるのではないでしょうか。普段はそういった話題にはならないという場合も、お酒を飲んで楽しい気分の時などに、少し大胆な会話をしてみるのも刺激になるかもしれません。

    ストレートな下ネタではなくても、「この前行ったラブホテル良かったなぁ」のようなセックスを連想させる話題であれば、彼氏の我慢できない感情は刺激されるはずです。

    いい香りがしてきた時


    「彼女とハグをした時にフワッといい香りがして、女の子だなぁって興奮度が高まった。」(29歳/男性/医療関係)

    視覚と同じくらいに、嗅覚も「ヤリたい気持ち」を刺激するには重要です。不快な臭いがしないというのはもちろん、お風呂上りの清潔感ある石鹸の香りや、女の子らしい甘い香りを身にまとうと魅力的に感じられます。

    甘い香りの香水の中でも、「イランイラン」の香りは男性を誘うには効果が高いのだとか。香水も色々な種類があるので、お気に入りの香りがみつかるといいですね。