我慢できない!彼氏が「ヤリたい気持ち」でいっぱいになる瞬間とは?

  • 彼氏が「我慢できない」と思う瞬間とは?《仕草編》

    彼氏が「我慢できない」と思う瞬間は、さまざまなシチュエーションが考えられます。

    次は、彼女の仕草によってヤリたいスイッチが入る場面を見ていきましょう。

    目をみて優しく笑ってくれた時


    「彼女が上目遣いで見てきて、ニコッと笑った時、可愛くて抱きたいと思った。」(29歳/男性/営業職)

    大好きな人が自分だけに優しい笑顔を見せてくれた時、思わずキュンとしてしまいますよね。彼氏は彼女が可愛い、守りたいと思った時、我慢できない衝動に駆られる場合があります。

    彼氏に特別な存在だと思ってもらえるよう、目をみて優しく微笑んでみましょう。

    肩に頭をのせてきた時


    「隣に座っていた彼女が肩に頭をのせてきて、幸せな気持ちとヤリたい気落ちが押し寄せてきた。」(25歳/男性/サービス業)

    家に2人きりでソファーに座り、寄り添うように肩に頭をのせられると、ドキッとするという彼氏が多いようです。大切な相手にしかやらない仕草にドキドキしつつ、その先に進みたいという欲望が出てくるのでしょう。

    肩に頭をのせながら手を握るなど、スキンシップのあわせ技で、徐々に我慢できない気持ちへと誘いましょう。

    耳元で可愛くささやかれた時


    「ナイショ話をするみたいに、耳元で『大好き』って言われた時、たまらない気持ちになった。」(30歳/男性/IT関係)

    耳元で可愛くささやかれた時に、ドキッとする彼氏も多いとのこと。2人だけの秘密のように、自分だけにささやかれる甘い台詞にはキュンとしますよね。

    また、ささやく時に耳にかかる吐息が性的な感覚を刺激するので、我慢できないスイッチを押すことにも繋がるようです。

    ベッドでゴロゴロしている姿を見た時


    「彼女が家に遊びに来た時、ベッドでゴロゴロしだして、もしかして誘ってるのかなとドキドキしてしまった。」(23歳/男性/販売業)

    ベッドに横たわる姿に、性的なイメージを連想してしまうのもよくあることです。寝転んだ時に胸元が見えたりスカートの乱れがあったりすると、ドキドキして我慢できないスイッチが入ることもあります。

    さりげなくベッドに寝転んで、彼氏を誘えるといいですね。