中間子(真ん中っ子)の性格は?特徴や恋愛傾向・相性まで徹底分析!

  • 中間子に合った職業とは?

    中間子に合う職業には、どんなものがあるのでしょうか。幼少期からの環境で、苦労が多かった分、優れた能力を複数持っている人が多いのも中間子の特徴のひとつです。

    その場の空気の変化にも臨機応変に対応でき、誰かを頼らなくても自己解決ができる能力や、現実的で、効率的なやり方を見つけるのも得意ですから、多方面での活躍も期待できるのが中間子の強みです。

    幼少期からのさまざまな経験を生かして中間子に合った職業で活躍する姿からは、自信に満ちた凛々しささえ感じられるでしょう。

    リーダーよりもサブリーダーとしての補佐役


    中間子は、「チームの先頭に立って、みんなを引っ張っていくリーダー」より、「リーダーとチームのメンバーのと間に立ってフォローするサブリーダー」が向いているでしょう。

    観察力が優れている中間子は、その仕事全体をいい流れに持っていく能力が高いので、メンバーは無理なく実力を発揮でき、結果的にその仕事を成功へと導ける能力を持っています。

    例えば、リーダーが無謀な提案をしたとして、メンバーが反発した時でも、サブリーダーである中間子が両者を公平に見極めれば、迅速にフォローすることができます。仕事に関するメンタル面などのフォローすら、さらっとできてしまうのが中間子の良さです。

    自由度の高い仕事


    自分だけの感性を表現できる仕事も向いています。例えば、絵や小説など、自分の得意な分野で活躍している中間子は多く存在します。

    時には、それだけでは食べていけないこともありますが、何かを表現することがとても得意なので、自分の世界観を表現する場があれば、自分でも気づいていなかったような新たな特技で身を立てられることもあるでしょう。

    束縛されることが嫌いな中間子にとって、自分の得意な分野で仕事ができるということは、その分、完成度も高くなり周囲の評価も上がるので、「頼られている」「必要とされている」と実感でき、さらに才能を発揮することができるという良循環といえます。

    効率的な方法を考えられる中間子には事務職も!


    対人スキルは高いのに、人と関わるのが苦手な中間子は、事務職でも能力を発揮できるようです。それは、「どうすれば、効率的に業務をこなせるのか」を柔軟に考えることによって、業務をスムーズに行えるからです。

    また、事務スキルを磨くことによって、そのスキルを多方面の業界でも応用することもできるので、自分が望む業界での活躍も期待できるでしょう。

    人と関わるのは苦手ではありますが、空気を読むのが得意な中間子は、周囲にその苦手意識を感じさせないスキルも持っています。本人は、疲れてしまうこともありますが、職場では必要な人と認識されることが多いとも言われています。

    人の心に寄り添える仕事


    兄弟(姉妹)喧嘩の仲裁役が多かった中間子は、人同士の揉め事を仲裁するのも得意です。この能力は家庭のみならず、学校や社会においても活かされ、必要不可欠な人としての存在感を発揮します。

    この能力に適した仕事は、「企業コンサルタント」や「心理カウンセラー」などです。現状をよくすることを考えるのが得意な中間子は、クライアントの心に寄り添って考え、大きな成果を上げられるでしょう。

    承認欲求が高い中間子にとって、成果が目に見えることは、自信にも繋がります。