浮気がバレない方法とは?浮気がバレる原因・バレた際の対処法も解説

  • 浮気がバレないための相手の選び方

    バレないように浮気をするスリルを好んでいる人や、浮気癖がどうしても治らない人は、もう浮気がバレないような相手と付き合うほか手段はありませんよね。

    浮気がバレない相手とはいったいどんな人なのでしょうか?浮気がバレない相手を選ぶ基準をご紹介しますが…浮気をしないのが一番手っ取り早いですよ。

    元々浮気性な人


    元々浮気性な人に関しては、「浮気がバレない」というよりも「相手の浮気に無関心」と言った方が正しいでしょう。

    恋人も元々浮気性であれば、お互いに浮気をするかもしれないことを前提にお付き合いすることができるうえに、浮気がバレても面倒な揉め事は起きませんから、もともと浮気性な人を恋人に選ぶのもひとつの手段だと言えるでしょう。

    しかし、お互いに浮気ばかりしていると、次第に付き合っている意味がわからなくなってきたり、恋人と浮気相手との間でトラブルが起きた時に巻き込まれる可能性もあるので、良い方法とは言えないかもしれません。

    また、「バレないように浮気する」ということを楽しんでいる人にとっては、浮気性な人と付き合うとスリルが半減しつまらないと感じるかもしれませんね。

    共通の知り合いがいない


    バレないように浮気がしたいなら、「共通の知り合いや友人がいない相手」もしくは閉鎖的で友達が少ない人を選ぶと良いでしょう。

    共通の友人や知人が多いということは、「監視の目」がそれほど多いということです。つまり、浮気がバレるリスクもそれに比例して高くなります。ですから、共通の知り合いが少ないほど浮気はやりやすいということです。

    また、共通の知り合いに浮気がバレ、噂が広まってしまった場合には、多くの友達の信頼を失うことにもなります。恋愛関係により友人関係が壊れるのは避けたいところですから、浮気癖が治せない人は、共通の知り合いが多い人を恋人にするのはやめておきましょう。

    鈍感な人


    鈍感な人は、浮気にも気付かずにいてくれる可能性が高いので、バレないように浮気をしたい人に合う相手かもしれません。

    浮気をした証拠が多少残っていても誤魔化すことができたり、普通の人なら不信感を抱く場面でも全然反応しないような、そんな鈍感な人が望ましいのでしょうが…なかなかここまで鈍感な人は居ないでしょう。

    また、異性関係に馴れていない相手も、恋人の浮気には鈍感である傾向にあります。恋愛経験に乏しいのですから、「浮気をされているかもしれない」という疑念も湧きづらいのです。

    しかし、いくら鈍感でも浮気現場に遭遇してしまったらさすがに気付きますから、恋人が鈍感だとしても大胆な行動は避けましょう。

    自分の時間を大切にしている人


    自分の時間を大切にしている人と付き合う場合も浮気はバレにくいです。仕事に熱中しやすい人も同様に、バレにくいと言えるでしょう。

    自分の時間を大切にしている人は、その時間を自分のために費やそうと集中するため、恋人と多少連絡を取らなくとも平気である場合が多いです。そのため、目立つ行動さえとらなければ浮気もバレない可能性は高いでしょう。