今話題の「セカンドパートナー」とは?出会い方や注意点を解説

この記事ではセカンドパートナーの定義や、メリット、デメリットについて詳しく解説していきます。セカンドパートナーを作る際にはさまざまな注意点もあります。大切な家族を傷つけないためにも、セカンドパートナーとの上手な付き合い方を考えてみてください。

  • 「セカンドパートナー」とはどんな関係?

    セカンドパートナーという言葉を最近よく聞きますが、実際にセカンドパートナーがどういう関係なのか知らないという人も多いのではないでしょうか。セカンドパートナーにはさまざまな特徴があり、不倫関係とは違いがあるようです。

    そこで、セカンドパートナーの詳細な関係性について解説していきます。

    配偶者以外の親しい異性のこと


    セカンドパートナーとは、配偶者以外の友達以上、恋人未満の男女の関係のことをいいます。最近既婚者の中でセカンドパートナーがいるという人が増えているとのこと。配偶者がいても、ときめきが欲しいという理由から不倫関係になることは珍しくありません。

    しかし、不倫関係ともなると世間的にイメージがよくありません。セカンドパートナーの場合、浮気とは違うと感じている人が多く、罪悪感が少なく済むという意見もあり、近年増加傾向にあることが考えられます。

    プラトニックな関係


    セカンドパートナーとは、プラトニックな関係でつながっているという特徴があります。あくまでもプラトニックな関係を貫くということから、不倫とは異なると考える人も少なくありません。

    しかし、中には将来配偶者と死別してから一緒になることを約束している人もいるので、愛し合っていることに違いはありません。そしてセカンドパートナーは体の関係がないというところが、不倫との大きな違いといえます。