「AAカップ」はどのくらいの大きさ?男の本音&バストアップ方法も

AAカップとは女性の胸のサイズでも最も小さい部類に入るとされていますが、実際AAカップの胸とはどのぐらいの大きさなのでしょうか。今回はAAカップの女性の胸の大きさや、ブラジャーの必要性のほか、AAカップのメリットやお悩みあるあるなどをお伝えしていきます。

  • 「AAカップ」はどのくらいの大きさ?

    AAカップというのは、ブラのカップの中でも最も小さい部類に入ります。Aカップより小さいサイズとは、具体的にはどのぐらいの大きさのことを言うのでしょうか。以下にAAカップのサイズ感についてまとめました。

    カップはアンダーとトップの差で決まる


    ブラジャーのサイズというのは、胸のすぐ下のところの胴回り「アンダー」と、乳首を通る胸囲「トップ」との差で決まります。アンダーとトップの差が大きいほど、ブラジャーのサイズも大きくなるというわけです。

    サイズはアルファベットで表記し、小さいサイズがAで、以後サイズが大きくなるごとにアルファベットもB、C…と進んでいきます。AAカップはAカップよりも更に小さいカップサイズを表しています。

    「AAカップ」は7.5cm


    AAカップはトップとアンダーの差が7.5cm以下のサイズをいいます。多くの女性のバストに比べると、かなり小さいほうの部類です。AAカップはほとんど胸がないように見えるため、思春期前の少女や少年のような印象になることも。

    AAカップのブラの場合、ブラジャーをつける意味を見いだせないという人もいますが、実際のところ、AAカップのサイズの女性がブラをつける必要はあるのでしょうか。次の章でAAカップサイズの女性がブラをつける必要性などについてご説明していきます。