女性同士のセックス、やり方は?その魅力や気持ちいいセックス方法

最近はLGBTについてメディアでカミングアウトする有名人なども多く、関心が集まっていますよね。レズビアンの女性も意外と多く、もしかしたら貴女のまわりにも1人はいるかもしれません。未知なる女同士のセックスって気になりませんか?今回はその魅力をお伝えします。

  • 女同士のセックス経験者、実は多い?

    「一度女性とやったら病みつきに…」女性同士のセックスを経験した事がある人は意外と多いのを知っていますか?女性同士の恋愛以外でも、「男性とするよりも気持ちいい」という女性が急増中で、女性同士のセックスを楽しむ人が増えているんです。

    レズなど様々な形の愛への許容が広がっている


    現代は自由な恋愛を楽しめる時代です。まだ偏見は多少残っていますが、それでも今は男性同士・女性同士の恋愛をカミングアウトしやすくなりました。「女同士のセックス・恋愛」を楽しむ人…つまりレズビアンの方も、最近は見かける様になりましたね。

    性別にとらわれない、さまざまな愛の形が認められるようになった現代では、女同士の恋愛は珍しくないのです。レズビアンの方たちのセックスはまさに「女同士のセックス」。男性とセックスをするのとはどんな違いがあり、どんな楽しみがあるのでしょうか。

    妊娠を心配せずセックスが楽しめる


    女同士のセックスは、当然の事ですが妊娠をする心配がありません。男性とセックスをすると、コンドームなどの避妊具を使ったとしても100%避妊ができるとは限らず、妊娠の心配があります。

    しかし女同士のセックスなら、妊娠に必要な精子の存在がありませんから、妊娠は絶対にしません。妊娠する心配がないからこそ、純粋にセックスを楽しむ事ができます。これが女同士のセックスのメリットといえるでしょう。

    理解が深いので満足いくセックスが出来る


    女性の体のなかでも触ると特に気持ちいいポイントは、同じ女性の方が理解しています。そのポイントを「どんな風に触ると気持ちいいのか」「どのくらいの力を入れると痛いのか」などについては、同じ女性だからこそ理解が深いので、男性とセックスするよりも女同士のセックスはとても満足度が高いといわれています。

    気持ち・女心の理解度も深い


    体への気持ちいい触れ方がわかっている事も重要ですが、気持ちの面の理解度が深いのも女同士ならではの事です。男性と女性は脳の構造が違い、ものの感じ方や考え方が違うと言われています。ですから、男性と女性では感じ方の違いで衝突する事もありがちです。

    しかし、女同士ならお互いの気持ちが理解しやすく、異性と比較すると一緒にいて居心地が良いのです。
  • 女同士のセックスの魅力とは?

    女同士のセックスには、男性とのセックスとは違う「ある魅力」があります。女同士でしか味わうことができない魅力について、こちらで解説しています。これを知れば、女同士のセックスをしたいと思ってしまうかもしれませんよ。

    唇や肌が柔らかくて触れ合うと気持ち良い


    「男性は肌や唇が固く、人によってはガサガサとしていたりムダ毛がチクチクすることがあって、肌をあわせたときに気持ち良くない。女同士なら肌が柔らかい人が多いし、ムダ毛も痛くないから気持ち良い。」(31歳/女性/会社員)

    女性は男性に比べると肌のお手入れをしている方が多いですし、男性のように太く濃いムダ毛が生えてくるのは珍しいです。大抵の女性はムダ毛を処理しているか、触れてもチクチク痛くない程度のムダ毛でしょう。

    そもそも、女性は女性ホルモンの働きで肌に水分が蓄えられやすいため、柔らかい肌・唇になりやすいんだそう。プルプルで柔らかい唇や肌を合わせられる女同士のセックスは、男性よりも肌触りが心地良いと考えられます。

    女同士は性感帯がよくわかる


    「同じ性別なら体のどこに触ると特に気持ちいいのかお互い分かってます。男性が女性に触れる時は『どこが気持ち良いのかな?』と、色々な場所を触って探すと思いますが、女性同士ならピンポイントで『ここが気持ち良い』って分かる。」(23歳/女性/アルバイト)

    性感帯を熟知した女同士のセックスは、気持ち良い場所ばかりを触れ合えるのでとても気持ち良いと言われています。男性との行為で性感帯からそれた場所ばかり触れられてしまった経験はありませんか?

    女性なら「ここを触ってもあまり良くない」と分かっているので、体を熟知しあったうえでのセックスはとても楽しく気持ちが良いのでしょう。

    女同士なら妊娠する心配がない


    「女同士でセックスをして妊娠する事はまずない。男性とのセックスは避妊をしても100%ではないから、ある程度リスクが付きまとうのが心配。女同士のセックスなら、避妊する必要がなく心ゆくまでセックスを楽しめるのが、魅力だと思います。」(21歳/女性/看護師)

    不本意な妊娠の可能性がないセックスは、とにかく「セックスだけ」に集中ができます。気持ちよさを追求する事ができるのが魅力的なんですね。行為の最中に「妊娠したらどうしよう」と不安になると心からセックスを楽しみにくいのではないでしょうか。

    女同士なら不安を感じずにセックスができるので、気楽に楽しめるのが良い点ですね。

    どんな風にされると痛いのか分かっている


    「同じ性別なら、どの部分をどのくらいの強さで触られると痛いというのがある程度分かっていますよね。個人差はありますが、痛みを感じやすい場所だと分かっている部分は丁寧に扱ってくれるから男性とするより気持ち良いし安心します。」(26歳/女性/飲食業)

    痛みを感じやすい部分を熟知している女同士のセックスは、痛みをほとんど感じる事がなく、気持ちいいセックスを楽しめるのが魅力なんだそう。

    痛い触り方をされる事は少ないので、女同士のセックスには安心感もあり、身構えずにできるとのことです。