既婚者を落とす方法とは?リスクや注意点などもあわせて解説

  • 既婚者を落とす際の注意点は?

    ここまで、既婚者を落とす方法を紹介してきましたが、落とす際には注意点があります。前に進むだけでなく1度考えるべきこともあるということです。

    既婚者ならではの注意点なので、相手が独身の場合と違うということはすでに理解しているかと思いますが、ここでもう1度考えてみましょう。

    相手が既婚者であることを忘れない


    忘れないでいて欲しいのが”相手は既婚者”ということです。相手には家庭がありますので、そこを忘れないでいてください。家庭があるということを承知の上でないと、落とすどころか相手から嫌われてしまう可能性があります。

    既婚者を落とすということは覚悟と心の強さが必要です。「奥さんと別れて」なんて言葉はもってのほかですし、そこで今まで良い感じになっていたあなたの印象も変わってしまうかもしれませんので気をつけましょう。

    連絡するタイミングを考える


    既婚者を落とす時は、なるべくあなたからの電話は控えた方が良いでしょう。奥さんといる時に電話がかかると既婚者の彼も困ってしまうかもしれません。どうしても電話をしたい時は、ラインで今電話しても大丈夫かどうかを聞いて、OKが貰えたら連絡するようにしてください。

    もしかしたらその問いにも返事がすぐ返ってこないこともあるかもしれません。ですが、すぐに返事が来なくても焦らないでください。家族といて連絡ができる状態に無い場合がありますので気長に待ちましょう。連絡を取りたい気持ちも分かりますが、ここはあなたの忍耐力が試される時です。

    相手の背景を考え、既婚者であるということを理解することが大切ですよ。

    人に関係を話さない


    安易に周りにあなたと既婚者との関係を話さないようにした方が良いです。その人がまた別の人に話して、回り回って既婚者や既婚者の奥さんに伝わってしまう可能性があるので、誰にも言えない関係という覚悟を決めた方が良いでしょう。

    「この人は彼と何の接点も無い人だから大丈夫」と思って話しても、案外人と人はつながっていることも多いので、どのように知れ渡るか分かりません。

    もし知れ渡った場合、既婚者の家庭を壊すことにつながり、あなたからも離れていく可能性があるので、思慮深くなることが大切です。

    束縛をしすぎない


    既婚者が帰る時に「まだ帰らないで」とすがったり、ラインや電話などで頻繁に連絡を取ることはやめた方が賢明でしょう。これでは困らせて面倒くさいと思われる確率の方が高いです。

    既婚者を落とすということを本当に決めているのなら、あなたは心に余裕を持つことが大切ではないでしょうか。嫌われることによって辛い思いはしたくないですよね?既婚者を落とすためには、余裕のある心でいることも必要です。