40代女性の魅力は「色気と余裕」!アラフォー女性の恋愛事情とは?

  • 魅力的な40代女性の特徴《内面編》

    見た目の若さなどを考えると、20代30代女性が有利であることは事実なのですが、やはり若い世代に負けない40代女性の魅力と言えば「内面」です。男性が魅力に感じる40代女性の内面の特徴に迫っていきましょう。

    ふと見せるかわいらしさや女性らしさ


    「仕事のできる人で話しかけづらいと思ったら、よく笑って冗談も言える人で安心した」(27歳/男性/品質管理) 「完璧なイメージだったのに、天然ボケを発揮していてウケた」(23歳/男性/設計士) 

    男性にとって、40代女性は「しっかり者」「包容力がある」というイメージですが、「天然」「ドジ」な部分を時折見せられると、人間らしさがあって余計に魅力を感じる場合があるようです。自分だけにふと見せてくれる素の部分が、とても魅力的で男性は嬉しく感じるのでしょう。

    「40代はこうでないと!」と決めつけず、常に自分そのものでいられる心の余裕が素敵な女性に映るのでしょう。

    様々な経験を通して豊かな価値観がある


    「職場の人間関係で相談した時、私も好かれてないけど気にしてないよとアッサリ言われた」(27歳/男性/営業職) 「あの人はきついように見えて本当は臆病なんだよと言われ、相手のことをよく見ているなと思った」(35歳/男性/事務) 

    20代は人生経験が少ないため、何か壁にぶち当たっても「何で自分はできないのだろう」「何で自分は理解してもらえないのだろう」と思ってしまいがちです。しかし、40代女性は様々な経験を通して「自分は自分」「理解してくれない人もいるのは当たり前」とポジティブに考えることができます。

    自分の価値観を信じ自分を大切にできる40代は、その余裕から周囲のことも大事にできるようになるのでしょう。

    40代でも自分磨きを怠らない


    「肌が綺麗だと思ったら、スキンケアを徹底しているらしい」(23歳/男性/営業職) 「体型維持のために2日に1回でスイミングへ通っていると聞いて尊敬した」(36歳/男性/自営業) 

    周囲に合わせていた20代とは違い、40代になると「自分が好きなもの」を見つけ出し、ネイルの勉強をする、メイクを工夫する、クラシックバレエを始める、絵画や陶芸に没頭する、ウォーキングを日課にするなど、自分のペースで好きなことをして自分磨きをするようになります。

    自分が本当に好きなことを黙々とすることでストレス解消になり、得た知識や技術は自分の魅力になります。素敵な自分になることで、素敵な恋愛へも繋がっていくのでしょうね。

    どの年齢層とも会話ができる


    「自分のような新人とは話してくれないと思っていたら、気さくに話してくれてホッとした」(22歳/男性/営業職) 「上司のような年代でも話を合わせ、自分のような年下の話も興味を持って聞いてくれる」(28歳/男性/事務) 

    20代30代の女性は自分と同世代の人の話題にしかついていけなかったりするものです。相手に合わせるにしてもどうして良いのか分からず空回りになってしまうことも…。

    しかし、40代の女性は上司のような年齢層はどのような話題を好むかを知っていますし、もし分からなかったとしても興味を持って話を聞くので好感度は高いでしょう。

    女性の魅力と母性を兼ねそろえている


    「女性らしさがあって、さらに母のような包容力があるので甘えたくなる」(25歳/男性/製造業)「生活で困ったことはないかなど、母以上に気にかけてくれている」(27歳/男性/保険代理店) 

    母性だけが強すぎると恋愛の対象になりませんが、女性としての美しさを維持する努力もしている40代の女性は素敵です。「恋愛はしたいけど、自分が引っ張るより甘えたい」という男性にとって、40代の女性は理想の恋愛相手でもあるのでしょう。