フェザータッチのやり方や効果とは?マスターすれば彼もゾッコン!?

恋人同士のスキンシップにちょっと刺激が欲しくはないですか?フェザータッチはいつもよりちょっとドキドキしたいカップルや、自然に相手を誘いたい時に効果絶大な方法です。やり方やその効果、ポイントなどをマスターすれば、相手はあなたからもう離れられなくなるはずです!

  • そもそも「フェザータッチ」とは?

    恋人同士のボディータッチの中でも、フェザータッチは気持ち良いだけでなく多くの効果があります。ちょっといつもと違った刺激が欲しい時や、自分から積極的に相手を誘いたい時にも使えるフェザータッチについて、これから詳しくご紹介していきます。

    フェザータッチのやり方や効果などをマスターできれば、きっと今までよりさらに濃密な恋人同士の時間を過ごせるはずですよ。

    フェザータッチはボディータッチの1つ


    フェザータッチはいわゆるボディータッチのひとつであり、フェザーは「羽」という意味で、羽のように柔らかに優しく相手に触れるボディータッチのことです。

    指先と使ってふわっと滑らかに相手に触れるので、気持ち良いようなくすぐったいような、そんなちょっと官能的なコミュニケーションを味わうことができます。

    フェザータッチは男女の愛情表現としてぴったりで、マスターすればお互いに高揚感や快感を得ることができ、何より愛をより深めていくことができるボディータッチといえるでしょう。

    フェザータッチを使うタイミングは?


    フェザータッチは、男女のスキンシップの中でも、愛情をゆっくり確かめ合いながら取り組むことができるボディータッチのひとつです。

    良い雰囲気になり、キスをしはじめた時やセックスの途中などにも、その柔らかい指使いでいつでも相手に高揚感を与えることができます。相手に愛情を感じたその瞬間が、まさにフェザータッチを使うタイミングといえるでしょう。

    ただし、やりすぎると気持ちよさにも慣れて快感を与えることができなくなることもあるので、程良く使うようにしましょう。
  • フェザータッチがもたらす効果

    フェザータッチをすることによってどんな効果が期待できるのでしょうか?フェザータッチがもたらす効果は、実はものすごくたくさんあります。その中のいくつかをご紹介していきましょう。

    相手を気持ちよくさせる


    フェザータッチの一番の効果は、やはり「相手を気持ちよくさせる」ことです。相手への愛情が深ければ深いほど、フェザータッチを通じて気持ちよくさせることができます。

    フェザータッチのすごいところは、相手への愛がダイレクトに身体へ快感として伝わっていくところです。愛にあふれ、優しく撫でるようなフェザータッチからは、お互いに幸福感や深い絆も生まれるでしょう。

    相手への愛がそのまま伝わるフェザータッチって、とても素敵なスキンシップの方法だと思いませんか?

    さりげなくエッチに誘える


    たとえお付き合いしている彼であっても、女性からエッチに誘うのってけっこう勇気がいることではないでしょうか。そんな時にさりげなく使えるのがフェザータッチです。

    ふとした瞬間に相手の手や背中に指先を使って優しく触れてみたり、並んで座っている時に相手の足の上にそっと触れてみたり。あくまでも自然にボディータッチをしているように行えるのがフェザータッチの良いところ。

    不意にさりげなくフェザータッチをされると、気持ちが高揚しエッチな気分になる男性は多いはずです。

    女性ホルモンが活発になる


    女性だけに限ったことではありませんが、フェザータッチによって幸せな快感を味わうと「オキシトシン」という幸せホルモンが分泌されます。

    オキシトシンが分泌されることによって、女性であればお肌に艶が出たりバストアップの効果も期待できるため、綺麗になれるきっかけを与えてくれるとも言えます。

    オキシトシンの分泌による満足感や幸福感を味わうことは、二人の絆をより深めることにもなるでしょう。

    マンネリ化した関係の改善


    カップルでも夫婦でも、関係が長くなるとどうしてもマンネリ化は避けられません。お互いに身体に触れる機会がなくなっていくことは、なんだか寂しく感じてしまうものですよね。

    しかし、だからといってダイレクトに誘うのにも抵抗があり、付き合いが長くなると言葉にして気持ちを上手く伝えるのもなんだか照れくさくなってしまいがちです。

    そんな時は、何も言わずにふと相手の身体の一部に優しく触れてみてください。それだけでも意外と気持ちが伝わることもあります。さりげなくフェザータッチをしてみることで、相手の心が解れていくのを実感できるでしょう。