教師の結婚事情とは?「教師との恋愛」メリット&デメリット

教師と恋愛中のあなた。教師と結婚して幸せになれるのか、教師のお嫁さんって実際どんな感じなのか、気になりますよね。教師の結婚事情について、教師との結婚ならではのメリットやデメリットを紹介します。はたして教師との結婚は、幸せへと続く道なのでしょうか?

  • 教師の彼氏・彼女と結婚ってどう...?

    彼氏・彼女が教師の場合、結婚が向いているのか、それとも向いていないのか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。一般的な職業というよりは専門職に近いため、将来性に不安を感じてしまう人も少なくありません。

    教師は会社務めとは違う時間の拘束のされ方をされたり、時には部活の顧問として休日出勤があったりするため、結婚生活の具体的なイメージを浮かべるのはやや難しいのが事実です。

    もし彼氏や彼女が現在教師をしているという場合や、自分自身が教師として勤めている場合、結婚についていずれ考える時はくるものです。そんな時の参考にもなるはずなので、将来的に結婚を考えたい、現在前向きに結婚を考えている人は是非チェックをしていきましょう。
  • 教師の結婚事情あるある

    まずは、教師にとっての結婚事情について注目していきましょう。

    教員同士での結婚が多いと言われていますが、実際にどのくらいの確率で出来るものなのか、出会いの有無や交際の難易度など、教師の結婚事情としてよく挙げられる点についてチェックしていきます。

    教員同士の結婚率が高い?


    イメージとして、教師は教師と結婚していると感じる人も多いでしょう。実際にこれは確率的にも高いとされており、教員同士での結婚はよくあることなのです。

    これは教師という職業が特殊だからこそ、同じ教師ならば仕事への理解があるということや、共通の話題で盛り上がることができ、親密な関係になりやすいというのが理由として挙げられます。

    また、出会いが少ないと言われる教師は、必然的に職場内恋愛、教師を対象とした講習会などでの出会いが主となることから、教員同士の結婚率が高くなるのです。

    教師は出会いを見つけづらい…


    教師の結婚事情で必ず語られるのが、教師は出会いが見つけづらいというものです。

    簡単なイメージとしても、教師は時間の拘束がかなりシビアであり、休日も部活動などで出勤しているため、出会いを探しに行く暇や体力はほとんど残されていない人が大半です。

    また、近場で手軽に出会いを求めてしまえば、生徒やその関係者に見つかってしまうリスクもあります。見つかれば、からかわれたり噂を流されたりする恐れがあるため、気軽に出会いを求めること自体がハードルが高い行為となっています。

    結婚に至るまでの交際が難しい


    現在彼氏や彼女などの恋人がいたとしても、そもそも結婚に至るまでの交際が難しいと考える人も少なくありません。

    一般的な職業と比べて教師は恋愛に割く時間がなく、体力や精神的な余裕がないことも多いもの。堂々とデートが出来ない、SNS利用では注意点が多いなど、制約が多いため、結婚に至るような関係を築くこと自体が難しくなっています。

    そのため、よほど教師という仕事に対して理解があるパートナーでないと、結婚に至るまでに破局してしまうケースが多くなっているのです。

    異動によって結婚のタイミングが掴みづらい


    教師には定期的に勤務先が変わるという特徴があります。自治体や環境、特徴によって異動の有無が異なる場合もありますが、基本的に異動が付き物の職業です。

    教師という職業は、勤めている学校や生徒に応じて臨機応変に立ち回る必要があるため、長年教師を務めていた人でも、異動で環境が変われば困惑する人がほとんどです。

    そのため、異動のタイミングによっては恋愛や結婚について考える余裕がなくなってしまい、結果的に結婚するタイミングを逃してしまうことが多いのです。