「クリイキ」してみたい…クリトリスでイクための方法とコツを伝授!

女性が強いオーガズムを感じる「クリイキ」。まだ体験できていない人のために、イクためのコツをまとめました。中イキとの違いを知りながら、とっても気持ちいいクリイキをしてみませんか?この記事では、クリトリスでイクための方法とコツをご紹介します!

  • そもそもクリイキってどんなもの?

    クリイキって一体何?と今疑問に思っている人は、おそらく女性のオーガズムに興味を持ったのでしょう。そんなオナニーに目覚めた人がまずたどり着くのが「クリイキ」です。なんだかアソコがムズムズする感覚を覚えた人は、クリトリスの存在に気づきますよね。

    まだ初体験を済ませていなくても、クリイキすることはできます。「エッチしたけどクリイキがわからない…」という人も、不安に思わなくて大丈夫。コツさえつかめば気持ちいいクリイキができますよ。では、そんなクリイキの基礎知識をまずは学んでいきましょう。

    クリトリスでオーガズムに達すること


    「クリイキ」とは、クリトリスでイクことを短縮させた言葉です。つまり、「クリトリスでイク」「クリトリスでオーガズムに達する」という意味です。オーガズムを感じてくると血液が性器に集中して、性器の中の筋肉が収縮します。

    すると、クリトリスは勃起をして見た目が膨らんだり大きくなるのが特徴です。そのまま快感を与え続けるといわゆる「絶頂」を迎えて脳と身体に快感が走ります。全身に快感が行きわたるのがオーガズムの大きなポイントです。

    「外イキ」ということも


    クリイキは「外イキ」と呼ぶこともあります。これは、膣でイクことを「中イキ」と呼ぶことから「外イキ」という言葉も生まれました。どちらで呼んでもいいと思いますが、「クリイキ」の方が一般的に使われています。

    オナニーやSEX中の愛撫で達する


    クリイキはいつ起こるの?と言えば、オナニーやセックスの愛撫でイク瞬間です。「イク」という感覚をつかんでいない人にとっては未知の世界に感じるかと思いますが、ジワジワと湧き起こる…そんな感じです。

    最初から「イク」を感じる人はほぼいません。クリイキも何度も試していたら「気持ちよくなってきた」と思う女性がとても多いので、まだ知らない人も安心してください。