「嫌いじゃないけど好きじゃない」って?意味や心理を状況別に解説

「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言う人がいますが、これって一体どういう意味なんでしょうか?好きなのか嫌いなのかハッキリしないこの表現について、意味するところやその時の心理状況について調べてみました。この記事では、「嫌いじゃないけど好きじゃない」を状況別に詳しく解説いたします!

  • 嫌いじゃないけど好きじゃないってどういう意味?

    もし「嫌いじゃないけど好きじゃない」と目の前の相手に言われたら…なんだか複雑な気持ちになりますよね。好きなのか嫌いなのかとても曖昧で、この言葉を目の前の相手に言われたら、ショックにも感じてしまいます。

    「結局好きじゃないから嫌いなのでは?」とも思いたくなるこの言葉には、3通りの意味が含まれているのでそれぞれ見ていきましょう。

    意味①本当は嫌い・苦手


    本当は嫌いで苦手な相手だとしても、はっきりと「あの人嫌い」とは言い難いものですよね。そんな時に「嫌いじゃないけど好きじゃない」と曖昧に表現しておけば、どこか言い逃れできるので便利です。

    どちらかといえば「嫌い」の意味を強調しているつもりでも、場合によっては「好きなのかもしれない」と受け止められてしまうこともあります。

    大人の社交辞令という印象を受ける言葉ですが、時には「あの人はちょっと苦手」とハッキリと言った方がいいこともありそうです。

    意味②本当は好き


    「本当は好き」だけど、照れ隠しのために「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言ってしまう人もいます。「好き」とはっきり伝えるのは恥ずかしいけれど、「嫌い」とは言いたくない場合はこんな表現をするものです。

    あまのじゃくのような表現ですが、「嫌いじゃないけど」の方を強調している仕草が見られれば、「本当は好きなんだな」と周りに伝わりそうです。どこか子供のような誤魔化し方ですが、遠回しな表現としては最適です。

    ただ、直接本人に向かって「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言ってしまえば、誤解を招くおそれもあるかもしれません。

    意味③興味がない・無関心


    「嫌いじゃないけど好きじゃない」を使う人の大半は、とくに興味がない相手という意味で使っています。その人のことをよく知らないけれど、噂や見た目の印象から、さほど興味はないし今後好きになることもなさそう…といった意味で使うことがあります。

    反対に、身近な存在に対してあえて「嫌いじゃないけど好きじゃない」と言うこともあります。この場合は、恋愛の対象外という意味合いが強く、あまり近づきたくはないと思っていたりします。

    恋人や夫婦関係で興味がない・無関心という気持ちになった時にも「嫌いじゃないけど好きじゃない」を使うことが多いですが、この場合はかなり危機的状況であることがうかがえます。