料理できない彼女とは結婚できない!?意外な男性の本音はコレ!

  • 料理ができない彼女への本音

    料理ができない彼女にはネガティブな意見も集まっていましたが、逆に料理ができなくてもポジティブな意見を持っている男性もいました。料理ができない彼女に対するポジティブな意見は以下となります。

    今は苦手でも向上心があるなら一緒に練習したい


    「今料理が苦手でできないとしても、これから練習していく向上心があるなら問題ないと思います。一緒に料理教室にいったり、自宅で練習していきたいです。」(26歳/男性/会社員)

    料理は練習すればちゃんと作れるようになるはずと考えているこちらの男性。自分も一緒に練習に付き合うとのこと。とても器が大きくて、優しい方なのでしょう。

    彼女が料理ができなくても、苦手を克服する向上心があるのなら、精一杯サポートしたいと考えている男性も一定数いるようです。

    他に得意なことがあれば料理は自分がすればいい


    「彼女が料理ができないなら自分が料理をします。その代わり、他の家事を頑張ってくれるならそれでイーブンかなと思います。自分は洗濯が苦手なので、干したり畳むのが得意なら代わりにやってほしいです。」(30歳/男性/公務員)

    苦手な部分はお互いに補い合えば良いという考えですね。自分に苦手な事があるなら、それを彼女にしてもらう代わりに、自分は彼女ができない料理をカバーしてあげようと考えているケースです。

    そうして互いに苦手な事を補い合えば、スムーズに生活を送れるでしょうし、なにより二人で生活するのなら、助け合いは大切ですよね。

    惣菜、外食でも気にならないから問題ない


    「今の世の中、どこでも食べ物が買えるのだからわざわざ料理をしなくても生きていけます。そういうものに頼れば自由に使える時間が確保できるから、彼女が料理ができなくてもいいと思います。」(37歳/男性/弁護士)

    最近ではスーパー、コンビニなどではすぐに食べられるものが購入できますし、飲食店もたくさんあります。そういったお店が身近にあるからこそ、料理ができる・できないは関係ないと考えている男性の意見です。

    惣菜や外食に頼りっきりになると出費はかなり増えてしまいますが、収入の多い方は問題ないのでしょう。自分で作らない分、楽ができますし、時間を有効に使う意味では良いのかもしれませんね。

    料理ができないくらいで何も思わない


    「料理ができないくらい、問題ないですよね?お腹が空いたらコンビニ行けばいいし、とりあえず米さえ炊ければオッケーです。食に対してあまりこだわりがないので、彼女がもし料理ができなくても気にしません。」(20歳/男性/アルバイト)

    食に対してあまりこだわりのない方は、自炊や手料理にもこだわりがない場合が多いです。お腹が空いたらコンビニに行けばいいという考えは、若い方に多くなりつつあるようです。お腹が満たされれば良いと考えているので、料理ができてもできなくても構わないと考えているのでしょう。

    可愛いからオッケー


    「料理ができなくても彼女は可愛いからオッケーです。可愛い彼女に惚れているので、料理ができないくらい関係ありません。料理を頑張るより、今の可愛さを維持する事に努力して欲しいです!」(19歳/男性/学生)

    こちらの男性の彼女はとても美人で可愛いのでしょう。見た目にとても惚れているので、料理ができなくても許せるといった感じでしょうか。

    できない料理を頑張ったり、できるように練習に時間をかけるよりも、自分の美貌を保つための努力をしていて欲しいとのことです。

    料理には手間と時間がかかりますから、その時間をスキンケアやシェイプアップなどにあてれば、彼女もより美しさを保てるかもしれませんね。

    出前を頼んだらいいと思う


    「外食に行くのはめんどくさいけど、出前をとれば家までご飯が届くのだから出前でいいと思う。最近はアプリを利用して電話する必要もないですし。」(39歳/男性/会社経営)

    彼女が料理ができなくても、出前なら家まで食事を届けて貰えますし、わざわざ外に出かける面倒もなさそうですよね。

    ただ、外食や惣菜と同じようにお金がかかるので、収入に余裕がないと、出前続きの生活は辛くなりそうです。余裕があるのなら、出前を利用する生活をしてみてもいいかもしれません。
  • 料理ができない彼女と結婚できる?

    では、料理ができない彼女とは、結婚を視野にいれられるのでしょうか?男性たちに、「彼女が料理ができなかったら結婚できる?」とアンケートをとってみました。

    頑張ってくれるならOK


    「結婚前に料理を練習したり、お母さんとか誰かに料理の先生をしてもらい、頑張ってくれるなら結婚したいと思います。練習しないとうまくならないですからね。きっと美味しく作れるようになる」(30歳/男性/会社員)

    今料理ができなくても、結婚前に料理の練習をして作れるようになってくれれば結婚は視野にいれられるという意見です。

    料理は練習をしないとなかなか上達しません。花嫁修業として、結婚前に料理の修行を積んでくれるのなら、努力を認めて結婚してもいいなと思えますよね。

    最初から料理ができる彼女と結婚したい


    「料理の練習をしても、もともと料理ができる人と比べたら、やっぱりレパートリーが少ないと思う。結婚するなら最初から料理のうまい彼女と結婚したいです。」(26歳/男性/公務員)

    料理を練習し、基本ができるようになっても、元から料理ができる女性と比べたら、やはりレパートリーや技術面で劣ってしまいます。手際や味付けもまだまだ完璧ではないでしょうし、日によって「おいしい日」「まずい日」があるかもしれないことを不安に感じる男性もいるようです。

    それなら、最初から料理のできる彼女と結婚し、結婚後も毎日おいしいごはんを食べたいと思うのもうなずけます。

    他の家事は彼女がしてくれるならOK


    「料理は女性だけがするものではないです。彼女が料理ができないなら僕がすればいいだけの事。彼女には他の家事をしてもらうので、大丈夫です。」(32歳/男性/調理師)

    家事はすべてをこなそうとするととても大変ですよね。結婚生活をスムーズに、穏やかに暮らしていくためには協力することが大切になります。

    この男性は彼女ができない事は自分が代わりにやり、他の事を任せるというやり方で結婚生活が送れるのなら、料理ができない彼女と結婚してもOKとの考えです。得意な家事と苦手な家事を分担すると、ひとりあたりの負担も減りますので、お互いにとってストレスがなくていいですね。

    子供には母の味を教えてほしい


    「僕は手料理を食べなくても大丈夫かもしれません。ただ、将来子供ができた時に母親の手料理を食べられないのはかわいそうです。父親の料理だけじゃなく母親の料理も食べて欲しい。」(29歳/男性/IT)

    子供には親の手料理はとても大切ですよね。家庭で色々な手作りの料理を食べるのは、食育や将来の為にも必要な事のひとつでしょう。

    結婚を視野にいれるとやはり子供の教育についての不安を抱く人もいるようです。料理ができない彼女と結婚して、将来子供は母親の料理を食べられるのだろうか?という心配から、結婚は微妙…と考える男性は少なくありません。