我が道を行く人とは?言葉の意味や性格・特徴などを徹底解説

  • 我が道を行く人の特徴4選!《対人関係編》

    次に、我が道を行く人の特徴《対人関係編》をご紹介します。我が道を行く人は、対人関係においてどんな特徴を見せるのでしょうか?

    実のある会話をするのが好き


    我が道を行く人は、夢に向かって努力している人や特定のものにこだわりを持っているオタク気質な人などと、「実のある会話をする」のが大好き。話していても聞いていても「面白い!」と思える話題については、何時間でも話せてしまいます。

    逆に、愚痴を聞くだけ・共感を求められるだけの会話には全く興味を持ちません。どんなに仲のいい友達が相手でも、だらだらした会話が続くと時間がもったいないと感じてしまい、早めに切り上げようとすることも多いです。

    解決策をはっきり提示できる


    人から相談を受けたときに「物怖じせず解決策を提示できる」のも特徴です。相手の話を聞いていて「もっとこうしたら良くなるのに」と感じたことは、空気を読みすぎず素直に指摘します。

    そのため、解決策を求めている相手には「あなたに話してよかった」と感謝されることが多いです。しかしその一方で、バッサリと言い切ってしまうために、共感されたいだけの相手には「人の気持ちを考えない人」と思われてトラブルになることも。

    自分は自分、人は人


    「自分は自分、人は人」という考え方が根付いており、いい意味で他人に関心がないという特徴もあります。例えば、相談を受けたときには自分の意見をはっきり主張するものの、その主張を受け入れるか、受け入れないかは相手次第だと考えているため、それ以上の干渉はしません。

    自分の意見が受け入れられなくても無理に理解を求めず、「あなたがそう思うなら、それでいいんじゃない?」と流すことができます。日頃から自分の意思を大切に過ごしているからこそ、他人にも意見を押し付けるようなことはしたくないのです。

    面倒見がいい


    面倒見がいい一面があるのも、我が道を行く人に共通する特徴です。自分自身が我が道を行く性格をしているがゆえに、困っていてもなかなか助けてもらえずに苦労してきた経験があり、困っている人を見つけると放っておけません。ときには自分のことを二の次にしてまで、相手の手助けをすることもあります。
  • 我が道を行く人とわがままな人はどう違う?

    我が道を行く人はその性格上「わがままな人」とも思われやすいのですが、それは間違いです。両者の特徴を見比べれば、決定的な違いがあることがわかります。

    我が道を行く人とわがままな人はどう違うのか、その違いをチェックしてみましょう。

    常に自分中心に考えるのはただのわがまま


    自分の意見を貫きつつ、必要なときには周りへの気遣いもできるのが我が道を行く人。常に自分の好き嫌いや機嫌で周りを振り回す自己中心的な人がわがままな人です。

    マイペースという面では似ていますが、我が道を行く人は基本的に真面目なので、自分のやるべきことは嫌いだろうが苦手だろうがきちんとこなします。わがままな人のように、やりたくないことを頼まれるとあからさまに機嫌が悪くなるというような、人を不快にさせる振る舞いはしません。

    我が道を行く人は意見に責任を持っている


    口にする言葉に責任を持っているかどうかも、我が道を行く人とわがままな人の違いです。我が道を行く人は自分の言葉に責任を持っているので、途中でコロコロと意見が変わることはありません。自分が間違っていると気づけば、きちんと謝ることもできます。

    対して、わがままな人は機嫌や好き嫌いで物事を判断する傾向が強いのが特徴です。自分の言葉に責任を持っていないため、主張に芯がなく、その場その場で主張がコロコロと変わります。また、自分が間違っているとわかっても、プライドが邪魔をして素直に謝ることができません。

    他人の意見を受け入れられるか・受け入れられないか


    他人からアドバイスや反対意見を言われたときに、受け入れられるか・受け入れられないかも大きな違いでしょう。

    「我が道を行く人の特徴」でもご紹介した通り、日頃から自分の気持ちを大切にしている我が道を行く人は、他人の意見を受け入れることができます。例え相手が自分と反対意見の持ち主でも「それはそれでアリ」と考え、わざわざ否定することはありません。

    反対に、何でも自分の思い通りにならないと気がすまないわがままな人は、他人の意見を受け入れることができません。相手が「そうだね、君の言う通りだよ」と折れるまで否定し続け、無理矢理自分の意見を押し通そうとします。