「バタ臭い」は悪口?その意味や語源・当てはまる人の特徴を解説!

  • 「バタ臭い」の正しい使い方とは?

    バタ臭いの意味は分かったと思いますので、次は「バタ臭い」についての正しい用法について見てみましょう。

    バタ臭いの使い方


    ここで、「バタ臭い」という言葉の使い方の例を挙げてみましょう。

    「バタ臭い顔が好み」

    「あの女優さんはバタ臭い顔で憧れる」

    「あの人、バタ臭い顔をしているけど、ハーフかな?」

    「ルー大柴さんは、話し方がバタ臭い」

    いかがでしょうか。誰しも一度は聞いたことがありますよね。

    「バタ臭い」という言葉は、必ずしも悪口ではなく、憧れや好意をもって使われる場合も多く存在します。

    ちなみに、「バタ臭い」という言葉を使った文章は、1917年の「東京三十年」という田山花袋の回顧集に「いやにバタ臭い文章だな」と使われたのが最古です。作中では、西洋かぶれした文章を指して、ややネガティブなイメージとして書かれています。

    現代では褒め言葉!悪口で使っていたのは昔の話


    現代ではバターは臭くありません。だからというわけではありませんが、国際交流が進んだ現代では、西洋かぶれという概念自体が希薄になりつつあります。

    体が日本人離れしたスタイルであったり、西洋的な彫りの深い顔を指しても「バタ臭い」と表現しますが、若い女性などを中心にそういった顔立ちは非常に人気が高いので、この場合は誉め言葉にもなります。

    現代では、マイナスな意味の「バタ臭い」より、憧れや誉め言葉としての「バタ臭い」の方が、使われる頻度が高くなりました。

    しかしながら、前後の会話の流れで悪口にも誉め言葉にもなり得る言葉ですので、使い方には特に注意すべきといえます。