「バタ臭い」は悪口?その意味や語源・当てはまる人の特徴を解説!

「バタ臭い」という言葉を知っていますか?最近ではあまり聞かれなくなった「バタ臭い」という言葉について、言葉の意味や正しい使い方、当てはまる人の特徴などをまとめてみましたので、気になる人はご一読下さい。これを読めばあなたも「バタ臭い」通です!

  • 「バタ臭い」は悪口?もはや死語?

    「バタ臭い」という言葉、最近ではなかなか聞かなくなってきましたよね。若い年代の方は意味も知らないという人も多いのではないでしょうか。

    今回は、その「バタ臭い」についてちょっと調べてみました。

    「バタ臭い」ってどういう意味?


    「バタ臭い」とは、西洋風の人や物、西洋かぶれした人のことを指していう言葉です。純日本人であるのに彫りが深い顔立ちであったり、英語を節々に使用してみたり、西洋文化を取り入れたり。

    西洋人のように立ち振る舞う人や、日本人離れした顔立ちの人に良く言われていました。

    後述のようにマイナスなイメージで使用されることが多々あった、少し複雑な背景を持つ言葉でもあります。しかし、使い方を少し気を付ければ、誉め言葉にもなり得る言葉です。

    最近では簡単に海外旅行などに行くことができて、国際交流も深まり、昔ほど西洋を遠く感じなくなったこともありますし、実際にハーフのタレントさんなどが増えたことから、あまり聞かなくなった言葉です。

    バタ臭いの由来・語源


    昔から日本には、「うすしお顔」や「しょうゆ顔」、「ソース顔」などの表現があり、味と顔立ちを結びつける文化がありました。古くは浄瑠璃(じょうるり)などでも、「うすしお顔」などが使用されています。

    「バタ臭い」とは、そのまま「バター臭い」という言葉の略になってます。

    日本にまだ西洋文化が流れ込んできて間もないころ、当時のバターは、樽詰めで作られていたこともあり、今とは違ってかなり香りの強いものだったようです。

    バターは西洋から伝わってきたものなので、「バターの臭いがする」 ということは、すなわち「西洋の匂いがする」ということになり、西洋風の人や物、西洋かぶれした人のことを「バタ臭い」と呼ぶようになりました。

    バタ臭いは悪口として使われていた?


    西洋の文化が大量に流れ込んできた昔の日本では、日本文化を重んずる、和風であることを美徳と考える人も多く、また西洋の文化を存分に吸収しようと考える人もおり、その双方がぶつかることも少なからずありました。

    顔立ちのことだけではなく、西洋かぶれした人を指していうことから、「バタ臭い」という言葉を使う場合、軽い嫌悪感やあざ笑う意味を込めて使う人も中にはいます。「臭い」とつくのも悪口のニュアンスがあるように感じられますね。

    和風であることを蔑み、欧米風に傾倒した人を指し、皮肉をいう意味合いで「ダサい」や「あか抜けない」といった意味合いで使っている人もいます。また、「取るに足らない人」を指して「バタ臭い」という人もいるようです。

  • 「バタ臭い」の正しい使い方とは?

    バタ臭いの意味は分かったと思いますので、次は「バタ臭い」についての正しい用法について見てみましょう。

    バタ臭いの使い方


    ここで、「バタ臭い」という言葉の使い方の例を挙げてみましょう。

    「バタ臭い顔が好み」

    「あの女優さんはバタ臭い顔で憧れる」

    「あの人、バタ臭い顔をしているけど、ハーフかな?」

    「ルー大柴さんは、話し方がバタ臭い」

    いかがでしょうか。誰しも一度は聞いたことがありますよね。

    「バタ臭い」という言葉は、必ずしも悪口ではなく、憧れや好意をもって使われる場合も多く存在します。

    ちなみに、「バタ臭い」という言葉を使った文章は、1917年の「東京三十年」という田山花袋の回顧集に「いやにバタ臭い文章だな」と使われたのが最古です。作中では、西洋かぶれした文章を指して、ややネガティブなイメージとして書かれています。

    現代では褒め言葉!悪口で使っていたのは昔の話


    現代ではバターは臭くありません。だからというわけではありませんが、国際交流が進んだ現代では、西洋かぶれという概念自体が希薄になりつつあります。

    体が日本人離れしたスタイルであったり、西洋的な彫りの深い顔を指しても「バタ臭い」と表現しますが、若い女性などを中心にそういった顔立ちは非常に人気が高いので、この場合は誉め言葉にもなります。

    現代では、マイナスな意味の「バタ臭い」より、憧れや誉め言葉としての「バタ臭い」の方が、使われる頻度が高くなりました。

    しかしながら、前後の会話の流れで悪口にも誉め言葉にもなり得る言葉ですので、使い方には特に注意すべきといえます。