男性が「彼女を振って後悔した瞬間」9選|元彼を後悔させるには?

突然彼氏に振られてショックを受けていませんか。男性は自分から振ったのに後悔することもあります。この記事では、自分から振ったのに後悔してしまう男性の心理や特徴を、実際のエピソードをふまえながら解説します。振ったことを後悔させる方法もご紹介します。

  • 彼女を振って後悔する男性は意外と多い?

    友人関係や家族関係のみならず、恋人関係も人と人のつながりですから、時に誤解を招いたり、相手の欠点が気になってしまうことはあります。意思疎通が上手く取れなくなり、また問題解決へ向けての気力もなくなり、悩んだ末に恋愛を終わらせる選択をしてしまうということは珍しい話ではありません。

    彼女を振って、次の恋愛へ向けて一からスタートしようと試みるものの、今度は彼女を振ったことを後悔してしまう男性は少なくありません。自分から彼女を振ったのに後悔するのは何故なのでしょうか。実際、彼女を振って後悔したことがある人のエピソードを紹介していきましょう。

    自分から振ったのに気になる


    よほどの裏切り行為があった、もしくは大嫌いで別れたのなら、後悔なんてしなさそうなものです。それなのに、自分から振った後に気になってしまうのは、どんな心理が働いているのでしょうか。振られた方の彼女からすると、振られた時にショックを受け、ようやく立ち直った時にまた連絡が来たら、困惑してしまうもの。

    女性は元カレを振ったことについて、あまり後悔をすることはありません。しかし反対に、なぜか男性は自分から振ったのに元カノの存在が気になってしまうのです。別れてからも彼女との思い出を大切にする男性ならではの感性であり、女性にとって不思議な現象だと言えます。

    ふとしたきっかけで元カノを思い出す


    男性が彼女を振った時は、何か理由があったはずです。別れた時は後で後悔することになるとは夢にも思っていません。しかし、時間が経つにつれて、男性は、日常生活のふとしたきっかけで、振ったはずの彼女を思い出してしまうのです。

    男性が彼女を振って後悔した瞬間にはどのようなものがあるのでしょうか。実際のエピソードを見てみましょう。男性ならではの視点や考え方が見えてきます。