話が噛み合わない人の特徴や原因|会話のコツや対処方法はある?

  • 話が噛み合わないと言われたときの対処方法

    自分では思っていなくても、話が噛み合わないと相手に言われてしまう場合もあるようです。そんな時は、話が噛み合わないと思われやすいクセや態度に気を付けると良いでしょう。話が噛み合わないと言われたときの対処方法を紹介します。

    会話をよく聞く


    もし自分が話が噛み合わないと言われたときは、まずは会話をよく聞くように気を付けるといいでしょう。相手の言葉を逃さないように集中して聞いたり、自分には一見関係なさそうな他の人との会話を聞いておくのもいいです。

    また、身体の動きなどでも、話を聞いていることを態度で示すのがオススメです。具体的な対処方法としては、相手の目をしっかり見て話を聞くことですが、目を合わせるのが恥ずかしい場合もありますよね。そんなときは首元を見ながら話を聞くと緊張がほぐれますよ。

    また、会話の切れ目では、ときどき頷いたり相槌を打つようにしましょう。もし急いでいて時間がない場合は、日を改めてもらうのもアリです。用事があって時間がとれない場合は、事情があることを伝えるのも大切です。

    理解できない部分は聞きなおす


    話が噛み合わないと言われたときの対処方法として、理解できない部分は聞きなおすのも重要です。会話が噛み合わないどころか、そもそも相手の言ってる意味を理解できていないというのは、相手に対して失礼になる場合もあります。

    知ってるふりをして何となく相槌を打って話を受け流してしまうよりも、理解できない部分を聞きなおしたほうが、相手からすると「ちゃんと聞いてるな」という印象になります。

    理解できていると思っていたのにそうではなかった場合は、より一層ガッカリしてしまう事もありますよ。

    相手の反応や声のトーンに注意する


    話が噛み合わないと言われたときは、相手の反応や声のトーンに注意してみましょう。自分が考えていることと相手が考えてることが違ったりすると、相手の表情が曇ったり、困惑した表情だったり、不思議そうな表情をみせる場合もあります。

    小さな仕草を見逃したまま、お互いに「理解してるのかなあ?」と不信感が続くよりも、「伝わった?」「なんか違う?」など、時々相手に聞いてみましょう。相手も相手で、なんとなく言い出しにくいタイミングもあるので、意外とスムーズに会話が進む場合もありますよ。

    会話に集中しすぎない


    会話が噛み合わないと感じた時は、会話に集中し過ぎていることが原因の場合もあります。共通の趣味がある友人や、阿吽の呼吸で会話ができる友人と一緒にいる場合は、特に会話に集中し過ぎてしまう事があります。

    二人きりなら良いですが、大人数では気を付けましょう。また、会話は集中して耳を傾け態度で聞くことが大切ですが、あまり会話だけに集中していると、もっと重要な事を見過ごしてしまう場合もあります。

    例えば一生懸命相手に話しているものの、相手も同じく話すことに夢中になっているようだと、お互い一方的に言いたいことを言う状態になり、会話になりません。周囲の様子にも気を配り、周りに配慮して会話するよう気を付けましょう。

    話した内容を振り返る


    会話が噛み合わないと感じた時のポイントとして、話した内容を振り返るという対処法もあります。例えば説明をしているときや、状況を伝えるという場面では、話が長くなりがちです。

    似たようなテンションの話が長い時間続くと集中力もなくなってきて、ボンヤリしているうちに何の話をしているのか分からなくなってしまう場合もあります。話した内容をときどき振り返ってまとめてみたり、主語が何なのかを確認しなおすのもいいですよ。

    定期的に会話を振り返ることで、お互いの意思疎通をこまめに取りましょう。