話が噛み合わない人の特徴や原因|会話のコツや対処方法はある?

  • 話が噛み合わない人との会話のコツ

    話をするときには、きちんと意思疎通が出来て、コミュニケーションを楽しめるといいですよね。では、話が噛み合わない人と会話するには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか。話が噛み合わない人との会話のコツを紹介します。

    分からない部分は質問・確認をする


    話が噛み合わない人との会話のコツとしては、分からない部分は質問・確認をすることです。もしかするとこちらが思っている事とは違う事を考えていて、そもそもお互いの中にある主語が違っている場合があります。

    「アレのことかな?」と少しでも疑問に思ったり、「多分こうだろう」と自分の中で解決せずに、相手が何をどう伝えたいのか、すぐに質問して確認しましょう。勝手に決めつけたまま話を聞いていると、頭の中でつじつまが合わなくなり、どんどん会話の意図が分からなくなってしまいます。

    曖昧な言葉や主語が何なのか怪しいと感じ時点で、すぐに質問して確認しましょう。

    伝えたいことは省略せず伝える


    話が噛み合わない人との会話のコツとして、伝えたいことは省略せず伝えるというのも重要です。会話というのは自分と相手の関係性によって成り立つものなので、発言する時には相手に配慮してコミュニケーションを取りましょう。

    自分の中では当然すぎるような事であっても、相手は全く知らない場合もあります。自分では気が付いていなくても、相手からするとこちらの言っていることが分からないという時もあります。

    「言わなくても分かるだろう」と相手のことを過信せずに、初めて会話する人にも分かるように伝える余裕があるといいですね。

    最後まで話を聞いてみる


    話が噛み合わない人との会話のコツには、最後まで話を聞いてみるという事も挙げられます。自分からすると同じ話を何度も聞いていると感じていても、相手はもっと違う事を言いたい場合もありますよ。

    自分と相手の会話のスピードが全然違っていて、無意識に途中で相手の話を遮ってしまっている場合があります。話の腰を折ってしまうと、何を伝えようとしていたのか忘れてしまう人がいたり、言いたいことがあったのに言い出しにくくなってしまう人もいます。

    相手の話は出来るだけしっかり最後まで聞いてみて、相手が話し終わってから質問すると円滑にコミュニケーションを取れるかもしれません。

    相手が落ち着ける場所を用意する


    話が噛み合わない人と会話する時には、相手が落ち着ける場所を用意すると話しやすい場合もあります。例えば程よく人通りがあるカフェで話を聞いてみたり、相手の都合をきちんと聞いて時間が取れる日を作ってもらうのもいいですね。

    相手には何か事情があって、落ち着かない原因がある場合もあります。話を聞かれたくない人が近くにいたり、周囲がうるさいと会話に身が入らず、話が噛み合わなくなりやすいです。自分も相手も落ち着いて会話をできるような環境で話をしましょう。

    話が噛み合わないと伝えてみる


    もしどうしても話が噛み合わないという時は、思い切って相手にそのことを伝えてみるのもひとつの方法です。自分はすごく気になっている場合でも、相手からすると普通のことで、全く気になってない場合もあります。

    話はきちんと聞いているけど、態度のせいで話が噛み合わないように見えるだけだったり、相手にとってのクセが抜けずに誰にでも同じ態度という事もあります。相手に素直に言ってみることで、心のわだかまりが解けて今まで以上に仲良くなれる場合もあるでしょう。

    時々相手に内容を確認する


    話が噛み合わない場合は、時々こちらから相手に内容を確認する必要があります。相手は集中するあまりに勘違いをしていたり、質問するタイミングを掴めずにいる可能性があります。弾丸トークで話の切れ間がないと相手も困ってしまうので、時々相手にも話を振りましょう。

    「ここまでで分からない事はある?」「知らない単語はない?」など、相手に思いやりをもって聞くのがコツです。特に後輩や部下の場合は、委縮して年上の人には聞きづらいという可能性もあります。

    頭ごなしに相手が悪いと決めつけず、時々は相手のことを待つつもりで、こちらから話しかけてみましょう。