話が噛み合わない人の特徴や原因|会話のコツや対処方法はある?

  • 話が噛み合わない人の原因とは

    話が噛み合わない人は、なぜそのように思われてしまうのでしょうか。話が噛み合わないと思われてしまうのは、話すときのクセが原因であったり、環境や状況が良くないという場合もあるようです。話が噛み合わない人の原因を紹介します。

    意思疎通ができていない


    話が噛み合わない人の原因のひとつに、意思疎通ができていないという事があります。言ってる意味が間違って伝わっていたり、相手が頑固で意固地だったりすると話が噛み合わなくなりやすいです。

    人に弱みを見せるのが怖い人の場合は、本当は解らないのに質問することが恥だと感じてしまい、質問できないという場合もあるようです。

    思ったことをすぐに口に出してしまう


    思ったことをすぐに口に出してしまうような場合も、話が噛み合わないと感じます。会話の途中で思わずツッコミを入れたり、突然感情のまま怒るような人は、会話をするのに気を使ってしまいがち。

    重要な内容を相手にきちんと話さないといけない時などは、話の腰を折られてしまうと話が思うように進みません。質問するタイミングが分からなかったり、環境にまだ慣れてないという場合もありますね。

    チームに入ってきたばかりの新メンバーなどの場合は、慣れるまで少し見守ってあげるといいですね。

    一般的な価値観とズレている


    また、一般的な価値観とズレている場合は、説明しなければいけない事が増えてしまうので話が噛み合わないと感じやすいです。相手のなかでのそもそもの価値観がズレてしまっているので、会話のキャッチボールがうまくいかずにモヤっとした気持ちが残りやすいですよね。

    笑い話として言いたかった事が全然通じなくて真面目に捉えられてしまったり、例え話が通じない場合も気になります。普通ならわかるだろうと伝えた意味が伝わらないと、説明するのも一苦労。

    ただ、ジェネレーションギャップが原因の場合もあるので、様子を見てみるのも良いかもしれません。

    話の文脈を理解できていない


    会話が噛み合わないと感じる原因に、話の文脈を理解できていないということもあります。会話の始めに主語や単語が出てきていたのに、それぞれ違うことについて話していたなんてことが起きる場合も。

    話をまばらにしか聞いていなかったり、話半分で途切れ途切れに会話に参加していたりすると、文脈が理解できなくなってしまいます。頻繁に起きるようだと、話が通じないと思われてしまう場合も。

    いつもソワソワしている


    会話に集中できていなくていつもソワソワしている人は、なんだか話が噛み合わないなぁと感じてしまいます。何か用事があっていつも時間を気にしていたり、気になる人が近くにいるなんて場合もあり、理由はソワソワしている理由は様々です。

    また、苦手な人を避けたくて、怯えるようにいつもソワソワしている場合もあります。会話に身が入らず、反応が薄くなってしまっているのでしょうか。相手が集中していない場合や、常に忙しそうにしている人も、話す余裕がなさそうで、話が噛み合ってないように感じますね。

    話が噛み合わないと気づいていない


    会話が噛み合わない原因には、話が噛み合わないと気づいていない場合もあります。例えば自分が言いたい主語と相手の考えている主語が違ったり、日付や時間を勘違いしている場合もあります。

    話が噛み合わないことに自分だけが気づいている場合もあれば、相手だけが気づいている場合もあり、なんとお互いに気づいていないなんていう場合もありますよ。会話を冷静に見ていた第三者だけが気づいて、恥ずかしい思いをした経験は意外と皆さんあるのではないでしょうか。