「蛙化現象」の意味とは?突然冷めてしまう原因・克服方法まで解説!

「蛙化現象」のせいで、両思いになった瞬間に気持ちが悪くなってしまうという悩みを持っている女性が多くいます。蛙化現象を克服して相思相愛の幸せな恋愛をしたいですよね。この記事では、蛙化現象の原因や克服方法をしているので、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 「蛙化現象」に悩まされる人は多い?

    蛙化現象でなかなか幸せな恋愛ができない人が多いことをご存知でしょうか?凄く好きだった人が、ある日突然急に気持ち悪い存在になってしまった経験がある人もいますよね。それは、蛙化現象といって、幸せな恋愛や婚活の邪魔をする現象なのです。

    そこで今回の記事では、蛙化現象の意味や原因などを解説し、幸せな恋愛をするための克服方法をご紹介していきます。自分を好きになってくれた男性を大切にすることで、自分自身を大切にすることにも繋がるので、ぜひ参考にしてくださいね!
  • そもそも「蛙化現象」の意味とは?

    「蛙化現象」という言葉を始めて聞く人もいますよね。蛙化現象は恋愛の場面で度々起こる、不思議な現象です。自分ではどうすることもできなくて悩んでいる人も多くいます。

    この章では、そもそも「蛙化現象」の意味を知らないという方のために、蛙化現象の意味や由来を詳しくご紹介していくので、ぜひご覧になってくださいね!

    両想いになると興味を失ってしまうこと


    「蛙化現象」とは、両想いになると気持ちが冷めて興味を失ってしまうという現象のことです。凄く素敵な男性に恋をして猛アピールしたはずなのに、いざその男性が振り向いてくれると、興味を失うどころか気持ち悪く感じてしまう現象を指します。

    せっかく夢にまで見た片想いの男性と両想いになれたのに、自分から拒否して避けてしまうのです。そして、また自分のことを好きではない男性に熱烈に恋をすることを繰り返してしまいます。

    グリム童話「カエルの王子様」が由来


    片想いの男性と両想いになった途端に気持ち悪くなる「蛙化現象」という言葉の由来は、グリム童話の「カエルの王子様」からきています。これは、ある王女が自分を助けてくれた蛙と寝食を共にしていたら、ある日突然、イケメンの王子様に変身してハッピーエンドになるストーリーです。

    このストーリーの真逆になってしまう恋愛のことを蛙化現象と呼びます。素敵な王子様と思っていた人が気持ち悪い蛙のような男性に感じられてしまうという意味です。

    女性だけでなく男性に起こることも


    蛙化現象は女性だけでなく、男性にも起こり得る現象です。女性に対して理想が高い男性ほど「あの子とデートしたら、腕の産毛が濃くて幻滅した」などと、些細な欠点を見つけて態度がガラッと変わってしまうこともあります。このように「女性ならムダ毛1本も生えない」、「かわいい女性なら汗をかいても絶対に臭くならない」という根拠の無い固定観念を持っている男性は少なくありません。

    もし、男性のほうから猛アタックしていたのに、急に態度が冷たくなったら、その男性は蛙化現象を起こしてしまったのかもしれません。