セックス嫌いな女性は意外と多い?男女の本音と克服法をご紹介

「セックスって好き?」と聞かれて、思わずネガティブな反応を示してしまうことはありませんか?この記事では、なぜ女性にセックス嫌いが多いのかについて検証します。また、セックスに対する男女の本音や、セックス嫌いの克服法もご紹介。セックス嫌いを直して、彼氏との良好な関係を目指しましょう!

  • セックス嫌いな女性は多いって本当?

    「セックスは好き?」と聞かれると、「嫌いじゃないけど…」と曖昧な感じで答える女性は多いのではないでしょうか。はっきりと「セックスは嫌い」と言う人もわずかにいますが、多くの場合は答えに詰まってしまうのがセックスという行為なのかもしれません。

    日本人は世界的にもセックス回数が驚くほど少なく、1か月のセックスの回数は、20代未婚者で約4回、30代は約2回と減っていきます。既婚の40代になれば1か月に1回セックスがあれば良い方となり、セックスレスが深刻化していく傾向に…。

    セックスに後ろ向きなのは女性が多いイメージですが、最近では男性にもセックス嫌いが増えているようです。男女それぞれのセックスに対する意見を見ていきましょう。

    男女では本能に違いがある


    男女による本能の違いは明らかですよね。男性は射精を我慢すると欲求不満が溜まってしまってイライラしがちに…。一方、女性の場合は、男性のように何かが溜まることはありません。その分女性には月経サイクルがあるので、その周期によっては欲求が高まることもあります。

    日本には、女性が性に関してオープンであることを恥とする文化があります。最近は変わってきたとはいえ、まだまだ後ろめたい気持ちになるのは確かです。そういった面からも、男性のように性欲を見せることはできない雰囲気が流れていますね。

    男性にもセックス嫌いはいる


    最近クローズアップされているのが、若い男性の「セックス嫌い」問題です。セックスに無関心で、セックスに必要性を感じないという若者が増えているってご存知でしょうか。「いかに早く童貞を捨てるか」を競う若者も少なくなってきているようです。

    これに伴い、「セックスしたくない」「セックスは気持ち悪い」と発言する女性も増加している模様。セックス嫌いの男性が増えてしまうと、ますます女性がセックス離れしてしまうことが予想できますよね。