「なんかエロい雰囲気」の正体って何?色気漂う女性の特徴・仕草とは

  • エロい雰囲気を醸し出す女性の特徴《オーラ編》

    では、「エロい雰囲気を醸し出す女性の特徴」シリーズの総仕上げ、《オーラ編》です。

    『オーラ…え?どうやって出すの?』と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はオーラを出す事は簡単なんです。

    例えばコンビニのレジが行列になっていたとします。そんなときにレジ担当の店員さんが一人しかおらず、他の店員さんが掃除をしていたり、商品棚をチェックしていたりしたら「いや、ほかの人たちもレジ担当をしてよ…」と睨みつけてしまいますよね。

    そんなときに出ているのが「空気読めよ」オーラです。これを恋愛に置き換えてみてはいかがでしょう。エロい雰囲気のオーラを放つために必要なことをこれから探っていきたいと思います。

    程良く隙を見せる


    隙があり過ぎると、男性としては『軽そうだからエッチ出来るかも…』と下心を持ってしまうでしょう。しかし、本記事で言う「エロい雰囲気」とは、そういうものではありません。ただ、隙が無さすぎるのもお堅い感じがして、エロとは無縁の雰囲気になってしまいます。

    つまり、下品すぎず、かといってガードの固すぎないちょうどいい「隙」を見せるのがポイントなのです。

    例えば普段はキリっとしているのに、たまにおっちょこちょいな一面を見せるなど、ちょっとの隙を見せることで、男性はどんどん目を離せなくなるでしょう。

    堂々とした雰囲気


    些細な事で取り乱したりする事のない、冷静で堂々とした雰囲気は色気につながります。

    堂々とした態度で色気が出ると聞くと、まるで男性の色気の出し方のように感じてしまう人もいるかもしれませんが、それはまた少し違います。女性であっても凛とした姿を見せることによって、男性から魅力的で美しいと思ってもらうことができます。

    モテる女性というと、か弱くて守ってあげたい…といった雰囲気を想像してしまいがちですが、色気のある女性を目指すのであれば、大人の雰囲気漂うクールな女性を目指しましょう。

    なんとなくミステリアス


    ミステリアスな女性は、同性からすると、考えている事が分からなかったり、何かを含んでいそうな雰囲気というイメージになってしまうかもしれませんが、男性からするとその「謎」が、ミステリアスな魅力となります。

    普通に接していても簡単に情報を与えてくれないミステリアスな女性は、会話をしているだけで、まるで焦らされているかのような気分にさせられます。そして男性に、全てを知り尽くしたいという欲を与えます。

    男性は、気が付けばその女性自体の虜になってしまうのです。

    ふわっといい香りが漂う


    魅力的な女性が通り過ぎた時に、ふわっといい香りが漂うと、男性は思わず残り香を嗅いで余韻に浸ります。女性でも「あの人いい香りだなぁ」と思わず振り返るような瞬間がありますよね。

    “エロい雰囲気を持った魅力的な女性”と、“思わずニオイを嗅いでしまういい香り”。

    この組み合わせは予想以上に破壊力があります。エロい雰囲気を持った女性が放ついい香りは、嗅いだだけで男性をムラムラさせる、まるでフェロモンのような役割を果たすのです。

    どんな香水を選べばいいか分からない人は、「セクシーで大人な香り」とキャッチフレーズが付いているものなどを選ぶといいでしょう。ネットの口コミなどを読んで、好みの香りを探してみてくださいね。
  • 男性が「なんかエロい!」と感じる女性の仕草は?

    ここまで男性を惹きつける為の条件をあらゆる方面から解説しました。エロい雰囲気を醸し出す為の下準備については、充分にご理解いただけたかと思います。

    準備が整えば、あとは男性を惹きつけるだけです。

    では、男性を惹きつけるには、どんな仕草を心掛ければいいのでしょうか。

    脚を組み替える瞬間


    「イスに座っている女性が脚を組んでいる姿は、脚フェチにとっては色んなアングルの脚が見られる、理想的なポージングですよね。

    そのままでもエロくて見惚れてしまいますが、脚を組み替える瞬間は、『パンツが見えるかも』って思って全神経を集中して見てしまいます。」(33歳/男性/会社員)

    こちらの男性のように、脚を組み替える瞬間、視線が釘付けになってしまう男性は多いです。王道ですが、脚フェチ男性以外にも効果バツグンな仕草です。

    グラスについた口紅を指で拭く姿


    「女性と一緒に食事をしている時に、グラスについた口紅を指で拭く姿が何故か好きですね。エロさと、カッコ良さが出ていて見惚れてしまいます。」(28歳/男性/家具販売)

    このように男性はグラスについた口紅を見ていないようで、実際はばっちり見ています。唇フェチにとってはその跡を見ているだけでも、ドキドキしてしまうようです。

    また、その唇の跡を指で拭く事で、お預けを喰らわせるかのような焦らし行為にもなります。

    美しいウォーキング


    「姿勢が良くて歩く姿も美しい女性は、前から見た時は堂々としてカッコイイのですが、後ろから見た時はお尻がプリン、プリンと左右に揺れるのがたまらなくエロい。」(20歳/男性/学生)

    と、歩き方ひとつでも男性の視線を釘付けにする事が出来ます。歩きにくいハイヒールの時でも、美しいウォーキングが出来るとなおいいでしょう。

    髪を触る仕草


    「女性が髪を触る仕草が好きですね。うつむいた時に前に被さった髪を後ろにかき上げる仕草とか、単純にクセのように髪を触っている姿など、女性らしさを感じて色っぽいです。」(31歳/男性/調理師)

    というように、髪を触ったりかき上げたりする仕草は女性らしさを感じたり、色っぽく感じたりと男性にとってはたまらない仕草。

    おろしている髪をかけた時に見える耳や、髪を束ねた時に見えるうなじなど、普段見えない所を見せる事でエロさを倍増させるテクニックも覚えておきましょう。

    唇をエロく魅せる仕草


    「リップを塗っている時の唇をじっと見てしまったり、食事をしている時に口元をじっと見てしまったり、女性の口元が動く仕草をしている時は、気付けば見入ってしまっていますね。」(31歳/男性/公務員)

    こちらの男性のように、口元に色気を感じて見入ってしまう男性は少なくありません。唇が動く仕草をする時は、気を抜かずに、上品にみせるように意識しておくといいかもしれません。

    色気のある目線のつかい方


    「デスクに座っている時に、色気がある女性の上司が話しかけにくると、こちらが座っているので女性側が見下ろすような目線になるのですが、何だかエロく感じてドキドキしてしまいます。」(26歳/男性/会社員)

    女性が可愛く見える仕草に「上目遣い」が挙げられますが、エロく見せたいなら断然「下目遣い」。他にも、伏し目がちにしてみたり、流し目をしたりと目線ひとつで色気を演出できますので、シチュエーションに応じていろいろな目線の使い方を習得したいものです。