「なんかエロい雰囲気」の正体って何?色気漂う女性の特徴・仕草とは

  • エロい雰囲気を醸し出す女性の特徴《行動編》

    男性にエロい雰囲気を感じさせるのは、女性の見た目だけではありません。内側から出る艶めかしい雰囲気や仕草など、エロいと感じさせる要素は多岐にわたります。

    外見的にエロい雰囲気を作り上げることができても、安心してはいけません!内側からにじみ出る色気についてもしっかりマスターしておきましょう。

    ゆっくりと落ち着いた動作


    女性のゆっくりと落ち着いた動作は、男性から見るととても魅力的なようです。女性らしい静の動作の代表には、茶道や華道などが挙げられますが、こういった”静”の動作を見ることによって、男性は、女性らしい気品や美しさを感じます。

    女性側から考えてみると、男性が汗だくで仕事をしていたり、ひと仕事終えた後にネクタイを緩める動作を見て、色気やエロさを感じることもありますよね。

    こういった、女性が男性に対して感じるエロスと同様に、男性も女性に対してエロスを感じるのが”静”の動作ということです。

    普段からせかせかと慌ただしく動き回ってしまう方は、一度自身の行動を振り返ってみると良いかもしれません。

    姿勢や所作も重要


    ゆっくりと落ち着いた動作だけではなく、姿勢こまかなしぐさなどもエロさを感じさせる為の雰囲気作りに使えます。

    例えば、猫背でゆっくり動いていたら、エロさを感じさせるよりも『体の具合が悪いのかな?』などと、具合の悪さを心配されてしまいます。

    姿勢を良くして、慌てず落ち着いて、指先まで意識するような所作を心掛ければ、内側から醸し出すエロい雰囲気を漂わせる事が出来ます。

    特に指先は意識して動かすことで、なめらかで艶やかな印象を与えることができます。視線が指先に集まっても困らないように、ネイルやハンドクリームなどに気を配り、手先のケアもきちんと行いましょう。

    周囲に気配りが出来る女性


    いくら男性の目を惹きつける行動をしていても、周囲に気配りが出来ない自分勝手な行動ばかりしてしまっていると、それだけで近寄りたくないという印象を持たれてしまいます。

    エロい雰囲気があると感じさせる為には、まず第一に、近づきたい・関わりたい、といった印象も必要ですよね。

    周囲に気配りが出来ているエロそうな雰囲気の女性を見ると、男性は『仲良くなりたいな…』と素直に好感を持ってしまうものです。

    女性らしい仕草や雰囲気を意識する


    女性らしい仕草や雰囲気を出すことによって、ダイレクトに女性の色気やエロスを伝えることができます。

    例えば、笑うときは口に手を添えてクスクスと可愛らしく笑ってみたり、はたまた物憂げな目をしてみたり…。女性ならではの表情をすることで可愛らしい雰囲気や、色っぽい雰囲気を醸し出せば、男性の目線を引き付けることができますよ。
  • エロい雰囲気を醸し出す女性の特徴《会話編》

    意外に感じるかもしれませんが、女性の色気は「知性」と大きく結びついています。ただエロいだけの女性はなんとなく下品に感じてしまうもの。

    いくら外見や行動の色っぽさにつられて男性が近づいてきたとしても、会話の内容一つで萎えさせてしまっては、せっかく引き寄せたにも関わらず離れていってしまうでしょう。

    エロい雰囲気につられて近寄ってきた男性に、さらにぐっと色っぽさを感じさせるためには、会話の内容にも気を付けなければなりません。

    では、エロい雰囲気を醸し出す為には、会話の内容でどのような事に気を付ければいいのでしょうか?

    普段は下ネタを言わない


    エロい雰囲気というものをはき違えて、会話に無理やり下ネタを取り入れて、エロい雰囲気を出そうとしてはいけません。

    軽々しく下ネタを口に出す事で、せっかく作り上げた品のある立ち振る舞いや雰囲気を台無しにしてしまっては、ただの下品な女性になってしまいます。

    下ネタを一切言ってはいけないという訳ではありませんが、エロい雰囲気を出しながらも、下品な会話をせずに上品な雰囲気を漂わせている方が、逆に男性の想像力を掻き立てることができます。

    会話でエロさを出そうとしない


    かたくなに下ネタを拒み続ける…というのもNGです。

    相手からそういった会話を振られた場合は、『ふふ』っと恥ずかしそうにしながらも、エロさを含ませた笑みを見せてやり過ごすくらいが丁度いいのです。

    そうする事で、男性はますますその女性のエロさが全開になった時の事を妄想して、興奮してしまいます。

    エロそうなのに会話は誠実…というギャップ


    エロさを前面に出す事は基本的にNGと説明しましたが、エロとは真逆の誠実な会話ができる所を見せる事で、一周回ってエロい雰囲気を出すこともできます。

    男性からすると、『こんなにエロそうな雰囲気を醸し出しているのに、すごい真面目な会話もできるんだ…。』といった具合に関心してしまいます。

    それと同時に、興味があったはずのエロい部分とは遠ざけられた感覚に陥って、ますますその人のエロさを追いかけたくなってしまいます。

    逃げられたら追いたくなるという、男性の心理をうまくつくこともできそうですね。

    爆笑したり、口を大きく広げて笑わない


    エロい雰囲気を出す為には、まず女性らしい雰囲気を大切にする事が重要とお話ししました。

    面白い話を聞いて、大爆笑したり口を大きく開けて笑ったりすると、下品な女性だと見られ、魅力も半減してしまいます。

    エロい雰囲気には、女性らしさと上品さが必要ですが、口を大きく開けて笑うのはお世辞にも上品とは言えません。

    女性らしさを忘れずに、口元を押さえて上品に笑う事をオススメします。