片思い中の人に会えない…気持ちの対処法&アプローチ方法を紹介!

  • 片思い中に会えないときの心理状況

    片思い中に好きな人に会えないのは、精神的にも辛くなるでしょう。また、その時々で心理状況は変化していきます。気持ちの変化に自分で気付くためにも、ここではどういう心理状況になることが想定されるか、いくつかのパターンを挙げていきます。

    好きな気持ちが強くなる


    会えない時間が愛を育むとよく言われますが、これは片思い中の人にも言えることではないでしょうか?片思い中だと、常に好きな人のことばかり考えてしまいがちですし、会えない時間はできるだけ考えないようにしていても、なかなかうまくいかないことが多いです。

    夜寝る前に好きな人のことを考えてなかなか眠れなかったり、街を歩いていても「これあの人に似合いそうだな」と洋服が目に入ったり、景色が良い場所に来ると一緒に見たいという気持ちになるでしょう。このように会えない時間が長くなればなるほど、思いは募っていきます。

    相手の行動が気になる


    好きな人の行動は恋人同士でも気になってしまうことが多いと言われますが、これは片思い中にも当てはまるそうです。たとえば会えない期間が長くなると、ふとしたときに「あの人は今何をしているだろう」と考えてしまうのは男女ともにあることです。

    会いたいのに会えないシチュエーションは、とてももどかしいですし、それが片思い中となるとなおさらです。会えない間に恋人ができて楽しくしていたらと思うと、気が気じゃなくなる人も多いのではないでしょうか?

    しかし焦って行動して相手に避けられてもいけませんから、相手の行動を知りたいのであれば、さりげなく探るほうが関係を悪化させにくいです。たとえば、LINE交換をしているなら「最近元気?」と送ってみるだけでもいいでしょう。

    不安な気持ちが強くなる


    会えない期間が長くなればなるほど、不安な気持ちは強くなってしまうと言われています。恋人同士でも、会えない期間が続けば「もしかしたら振られてしまうかも」と感じることがあるでしょう。

    片思いとなると、気軽に会いたいと言える関係ではないこともあるので、その分余計に不安は大きくなります。もしかしたら他の人とデートしているかも、自分にはチャンスがないかもなどと、いろいろな不安が頭を駆け巡ることも。

    気持ちが不安定になってくると、適切な行動ができなくなってしまうこともありますから、「いかに会える環境を作るか」が重要になります。

    声が聞きたくなる


    好きな人とはたとえ会えないとしても、コミュニケーションは取っていたいと感じるはずです。たとえば夜一人で好きな人のことを考えていると、ふと声が聞きたくなることはありませんか?おそらく多くの人がそういう気持ちになったことがあるのではないでしょうか?

    好きな人の声を聞いている時間はとても幸せですし、いつまでも聞いていたいと感じますよね。何気ない会話も好きな人となら楽しいと感じるはずです。そのためなかなか会える機会がない場合は、できるだけ早く連絡先を交換しておくのもチャンスを得るポイントと言えるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)