片思い中の人に会えない…気持ちの対処法&アプローチ方法を紹介!

  • 片思い中、会えない相手へのアプローチ方法

    会えない期間でも、できるだけ好きな人にアプローチしたいと考えている人は多いはずです。そういった時間をいかに有効活用するかによって、恋が良い展開に繋がる可能性もあります。

    ここでは会えない相手へのアプローチ方法について言及していきますので、参考にしてください。

    LINEや電話で仲良くなる


    片思いしているときに会えない時間は、ただただ焦りばかりが募ってしまいます。しかし、逆に顔を見て話せないのを上手く利用する方法もあります。相手のLINEや電話番号を知っているなら、直接話をすることもできるので、そこから仲良くなれる可能性があります。

    また、顔が見えないのでリラックスした状態で話ができますから、会って話すとなかなか緊張して聞けないことも、聞けることがあります。他愛もない会話の中で、少し相手の気持ちを探ってみたり、アプローチしてみるのもひとつの手段です。

    LINEや電話番号を知っているなら、会えない時間を有効に活用して、通話で仲良くなってみてはいかがしょうか?

    相手のSNSでいいねやコメントを残す


    片思いしている相手のLINEや電話番号を知らない場合、SNSからアプローチしていく方法もあります。最近ではSNS経由ではじまる恋愛も増えており、もともとそれほど仲良くなかったとしても、SNSを通じて会話するようになって恋愛関係に発展するケースも多いそうです。

    たとえば片思いしている相手とFacebookで繋がっているなら、いいねやコメントを残しておくと喜ばれることがあります。特にSNSを頻繁に更新している人だと、いいねやコメントをもらえると嬉しい場合が多いですから、良いアプローチになるでしょう。

    SNSを通じて共通の趣味が見つかることもありますし、会話のネタなど情報収集にも役立ちます。

    片思いしている事を意識しない


    片思いをしていると、どうしても相手のことを意識してしまい、うまく会話できないことがあります。そうすると会えない時間に後悔ばかりしてしまって、なかなか良い方向へ発展しない可能性も。

    そこであえて片思いしていることを意識せずに過ごしてみるのもひとつの手段です。そんなのなかなか難しいと感じる人もいるでしょうが、少し考え方を変えるだけで展開が変わることもあります。

    たとえば、ずっと連絡を取っていたのが急に途切れると、相手はどうしたのか気になって連絡してくる可能性もありますし、あえて待つことで、逆に相手の気持ちが分かることもありますよ。

    複数人で会う機会を作る


    マンツーマンだと会話がうまくできない…片思いをしていると、そんなこともあるでしょう。それだけに、なかなか会えないという声も聞きますし、どうすれば上手く会話できるのか悩んでいる人もいます。

    そんなときには周囲に協力してもらって、複数人で会う機会を作ってもらうのもいいでしょう。会えば直接話すチャンスも生まれますし、LINEや電話番号を知らないのであれば、まず複数人で会って連絡先を交換するほうがその後の展開が早い場合もあります。

    また、複数人で会うとしても、これだけは聞くとテーマを決めておくと積極的にアプローチできるのではないでしょうか。

    手紙やプレゼントをしてみる


    会えない時間の過ごし方は誰もが考えるところですが、住所や連絡先を知っている場合、手紙やプレゼントを送ってみる方法もあります。相手の誕生日が近ければ、何が欲しいかリサーチするついでに会話ができますし、喜んでもらえれば印象も良くなるでしょう。

    しかし注意しなければいけないのは、手紙もプレゼントも喜んでもらえなければいけないという点です。ただ一方的に送り付けるだけだと、かえって迷惑になる可能性が高いですから、慎重になったほうがいい場合もあります。

    特にまだあまり関係性が構築されていないなら、重いと思われる可能性もあるので注意してください。
  • 会えない相手への片思いをやめる判断基準

    いつまでも片思いをしていると、精神的にも病んでしまう時間が増えてしまいます。先のことを想定して、諦めるタイミングをある程度自分で決めている人もいるでしょう。それでは、片思いをやめる判断基準はどこにあるのか、いくつかの選択肢をあげていきます。

    何も伝えず諦めて後悔するかしないか


    どれだけ好きでも、その後良い展開が見込めない場合、片思いを諦めなければいけないケースもあります。片思いを諦めるためには、自分の中である程度基準を作っておく必要がありますが、これは人によって異なります。

    しかしひとつのターニングポイントになるのが、「何も伝えずに諦めても後悔しないか?」という点です。もし気持ちを伝えずに諦めたら後悔するのであれば、一度気持ちを伝えてみてもいいでしょう。

    ただ気持ちを伝えても見込みがないと判断したなら、次の恋へ向けて動き出したほうが会えない時間を辛く過ごすよりも良いのではないでしょうか?

    相手に恋人がいる場合は円満度で判断


    片思いを諦める大きな判断基準のひとつに、相手に恋人がいるかどうかという点が挙げられます。相手に恋人がいる場合、どうしても会えない時間が長くなる可能性がありますし、会えない時間が長ければネガティブな考えにもなりやすいです。

    もし片思いの相手に恋人がいた場合、どのくらい円満な関係なのかによって、チャンスの大きさも変わるでしょう。たとえばとてもいい関係を築いているなら、アプローチをしてもうまくいかない可能性が高いですし、かえって避けられてしまうこともあります。

    ですから、恋人がいる人を好きになったときには、現在の円満度をリサーチするといいでしょう。

    他の人に告白された


    片思いをしていても、他の人から告白されて気持ちが変化したというケースはよくあります。どれだけ好きでも展開が見込めないと諦めの気持ちが生まれますし、会えない時間がより辛くなりますから、心の拠り所が欲しくなるはずです。

    自分のことを好きだと言ってくれる相手から、大切にされていると感じられたら一気に気持ちが傾いていくこともありますし、現在は片思いを諦めらなくても、意識してしまう部分はあるでしょう。

    実らない恋を追いかけるか、大切にしてくれる人と一緒になるかという別の悩みも生まれますが、考えを変えるきっかけにはなるはずです。

    仕事などで大きな変化があったとき


    片思いをしていて、気持ちがまだ残っていても諦めなければいけない状況も考えられます。たとえば仕事で責任のあるポストを任されて、会えない時間が増える可能性があるケース、また転勤があるケースなども当てはまります。

    どれだけ好きでも会えない状況では関係を進展させることもできませんから、強制的に諦めなければいけません。これは諦めるきっかけというよりは、諦めるしかない状況なので、選択肢がそれしかないと言ったほうが正しいでしょう。

    しかし、仕事面での良い変化がきっかけで新しい出会いに恵まれる可能性もありますから、ポジティブに考えられる面もあります。