モラハラ女になってない?モラハラ気質な女性の特徴・治し方も解説

  • モラハラ女ってこんな人《職場・友人編》

    職場や友人関係において、モラハラな言動が目立つ女性はいませんか?その女性が無意識でも、意識的にでも人の精神を攻撃するのであれば、互いの関係性にまで亀裂が生じてしまうでしょう。職場や友人関係で、よく見かけるモラハラ女の例を挙げます。あなたのそばにもあてはまる女性はいるでしょうか。

    仕事と関係ない悪口を言われる


    「仕事には関係ない出勤服を、毎日ファッションチェックされて批判される」(26歳/女性/事務職)、「接客態度が媚びて見えると言われ、男性関係がだらしないと言いふらされた」(25歳/女性/接客業)

    仕事の内容や能力に関係ないことに文句をつけ、関係のない私生活のことを悪いように言いふらすのはモラハラ女の得意とするところです。女性特有の男性からの評価を下げようとする嫌がらせも心得ているので、どんな評判が評価を落とすか知っていて、言いふらしているのでしょう。

    何かと人のせいにする


    「自分のミスをあからさまに人のせいにして、自分は関係なしの立ち位置を保つ」(27歳/女性/接客業)、「自分で選んだ買い物なのに、失敗したと思った瞬間、同行した自分を責め始める」(25歳/女性/保育士)

    自分で考え自分で判断した行動でも、それがミスに繋がったり不満を持つようになると、人のせいにしたがります。そもそも、自分には非がないと信じたいので、全てを平気で他人に押し付けることができるのです。思い込んでしまったあとは、モラハラ女の中ではそれが事実になってしまい、聞く耳ももたないでしょう。

    人の趣味にケチをつけてくる


    「好きなミュージシャンをけなされた上に、そのミュージシャンにはまっている自分の人格否定までされた」(24歳/女性/OL)、「一緒に買い物をしていて、趣味がかぶりそうになると『似合わないもの買ってどうするの?』と、ケチをつけ始めた」(22歳/女性/接客業)

    モラハラ女は、人の好みと自分の好みが違うことを『人それぞれ』と考えることができません。自分の趣味ではないものは到底理解できませんし、それを好きでいる人のことも理解できずバカにします。趣味がかぶりそうになると、共感するどころか嫌がって上から目線の物言いで否定することも多いでしょう。