30代処女の特徴や割合は?男性の本音・処女脱却へのポイントも解説

「30代で処女の女性」は、男性から見てどう思われているのでしょうか?そこで今回は、「30代で処女の女性」に対する男性のホンネや印象をリサーチしてみました。また、そもそも「30代で処女の女性」にはどんな人が多いのか、その特徴などもご紹介します。

  • 30代で処女はひかれる?

    一般的に恋愛ざかりの年代は10代~20代というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?そのイメージ故に、30代になっても処女という女性は、「今まで恋愛をしなかったの?」「恋愛下手?」というイメージを抱かれることも。

    「30代になっても処女」と告白すると「なぜ30代まで処女なんだろう」とあることないこと勘ぐられたり、男性から「ガードが堅いとか、親が面倒臭い人なのかも」と思われてしまう可能性もあります。

    セックスの初体験は、若年化してきているとも言われていますが、反対に30代で処女の女性も増えてきているそうです。

    30代で処女の女性には、どんな特徴や共通点があるのか、チェックしてみましょう。
  • 30代処女になってしまう理由

    30代になっても処女の女性は、なぜ30代まで処女を貫くことになってしまったのでしょうか?処女の30代女性をリサーチしてみると、「処女の理由」に共通点が浮かび上がってきました。

    本気の恋をしていない


    30代で処女の女性は、思わず惹かれてしまうような魅力的な男性との出会いがなかなか無く、本気の恋をしたことがないケースが少なくありません。

    処女を卒業するなら、本気で好きな人が相手であってほしいと誰しも思いますよね。そのため、好きでもない人とセックスをするのは、あまり良くないことだと考えている方も多いようです。このケースに当てはまる女性には、「真面目」「ガードがかたい」傾向がみられます。

    こちらは自分の体をとても大切にしている証拠ですので、とても素晴らしいことですよね。ですが、体の関係を持つなら「ちゃんと本気で好きな人」と決めているがために、男性の選別も厳しくなり”処女を卒業できない”ということにも繋がります。

    恋愛に縁がない


    女子校、あるいは女子大など、男性が身近にいない環境で学生時代を過ごした女性は、恋愛の縁に恵まれにくく、気づけば30代でも処女だった、なんてことも。

    卒業後は恋愛の機会もあるかもしれませんが、職場にそもそも男性がいない、いたとしても既婚者や年齢が離れすぎているなど、自分に見合う男性がいない職場に入ってしまった場合は、身近で恋愛相手を探すのは難しいですよね。

    恋愛に縁のない女性は、このように、恋愛対象となる男性がそもそも周りにいないのが30代まで処女の理由と考えられますね。

    男性が苦手


    「今までに男性のいる環境で学生生活を送って来なかった」「男性のいる職場で働いたことがなかった」「男性に対してトラウマがある」など、男性に慣れていなかったり、恐怖心があって恋愛することができない女性も、30代まで処女であるケースが多いです。

    男性に対して抵抗があると、恋愛したくてもコミュニケーションの仕方が分からないため、恋愛に対しいて憶病に。それどころか、なかには恋愛したい気持ちにすらならない女性もいます。

    男性と付き合うのが面倒だった


    男性とコミュニケーションをとるのが苦手でも嫌いでもなく、トラウマがあるわけでもありませんが、とにかく「男性と付き合うのが面倒」と思っている女性です。特に男性に対して苦手意識はないですが「ただ単に恋愛が面倒でしてこなかった」というのも30代の処女には多い理由です。

    意外にも、このタイプはキャリアウーマンなど自立した女性に多く、「恋愛よりも仕事」という考えから、恋愛は二の次になってしまいます。そのため、恋愛よりも仕事を優先した結果、30代まで処女ということに。

    趣味を優先したかった


    昔から夢中になっている趣味があり、男性と付き合うよりも「趣味の時間を充実させたい」という思いから恋愛をしてこなかった女性もいます。恋愛をするよりも趣味に没頭しているほうが楽しいからというのが理由ですね。

    趣味によりますが、中には多額のお金がかかる趣味もあるため、恋愛のために服や化粧品にたくさんお金をかけるより、趣味の道具やグッズのほうにお金を使いたいと思っていると、恋愛から遠のきがちに。

    「恋愛をすれば趣味を前のように思い切り楽しめなくなってしまう」という思いから、恋愛する気になれずに、処女のまま30代を迎えてしまうのです。