肌が合う相手=相性抜群?肌が合う男女の特徴や判断ポイントとは?

  • 肌が合う人の判断ポイント《対人編》

    いい恋愛をするには、一緒にいて居心地のいい肌が合う人を見つけることです。

    この章では、対人関係で肌が合う人の判断ポイントを詳しくご紹介していきます。今気になっている異性や恋人に当てはまるかチェックしてみてくださいね!

    沈黙でも平気かどうか


    肌が合う人とは、シーン…とした無言の時間があったとしても、ずっと一緒に居られるものです。一緒にいて、特別に楽しいことがなかったとしても「もっと一緒にいたい」と思えることが肌が合う人の判断ポイントです。

    もし、沈黙が続いたとしても気まずい空気にならなかったとしたら、「この人は肌が合う人だ」と判断していいでしょう。反対に「何か話題を提供しないとつまらない人と思われてしまうかも」と内心焦ってしまっていたら、肌が合う人ではありません。

    何も言わなくても相手の考えがなんとなく分かる


    何も言わなくても相手の考えがなんとなく分かるという人とは肌が合います。言葉に出さなくても気持ちが伝わってくる人と、伝わってこない人っていますよね。感覚が似ている人同士は、言葉にしなくても伝わってくるものです。

    阿吽の呼吸のように「アレとって」や「コレがしたい」だけで気持ちが伝わるような関係を作れる相手は、肌が合う人と判断できます。一方、些細なことでも言葉にしないと上手くいかない関係なら肌が合う人とはいえません。

    心の底から安心できる


    一緒に過ごすと癒されて、ホッとできる相手は、肌が合う相手です。仕事や人間関係で疲れていたとしても、肌が合う人と過ごすと安心できて癒されます。

    彼氏とドライブに行った帰り道で、うっかり助手席で寝てしまった経験はありませんか?それは彼に対して、安心して身体を預けることができるという証拠です。一方、デートしていても片時も気を抜けないという相手とは肌が合うとはいえません。

    疑いの気持ちが湧かない


    恋人と連絡がとれなかったとしても「もしかして浮気しているのではないか?」と心配にならないことが肌が合う人の判断ポイントです。心の底から安心して信用し合っているので、疑心暗鬼にならずに付き合い続けられます。

    「この人はずっと自分を愛してくれる」と根拠なく思えるのです。逆に記念日のプレゼントや、すぐに連絡を返してくれるかどうかで愛情を計り合う関係は、肌が合う人とはいえません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)