肌が合う相手=相性抜群?肌が合う男女の特徴や判断ポイントとは?

「肌が合う人」とは、セックスの相性がいいと言われますよね。しかし、肌が合うとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか?この記事では、肌が合う人の特徴や、肌が合うと判断するポイントをご紹介していきます。もっと心と身体を満たす恋人を見つけたい方は、ぜひご覧になってくださいね!

  • 「肌が合う」とはどういう意味?

    「あの人とは肌が合うと感じたから付き合った」というセリフを一度は聞いた事がありますよね。しかし、肌が合うとは具体的にどのような意味なのでしょうか?「実は意味をきちんと知らずに使っていた」なんて人もいるようです。

    そこで、この章では「肌が合う」とはどういう意味かをご紹介していきます。

    「肌が合う」の意味①人として相性がいい


    「肌が合う」には、人として相性がいいという意味があります。しかし、肌が合うとは触り心地だけではなく、お互いの性格や人からでる空気感が合うという意味合いも含まれています。

    性格が合うだけではなく、一緒に居てしっくりくるような感覚を覚えたときに「肌が合う」という表現を使うことが多いようです。その日初めて会った人なのに、昔から一緒にいる幼馴染のようなフィット感を感じたことはありませんか?肌が合う人とは初対面でも、違和感やぎこちなさを感じにくいのも特徴です。

    「肌が合う」の意味②セックスの相性がいい


    「肌が合う」のもう一つの意味は、セックスの相性がいいということです。セックスをすることを「肌を重ねる」と言い換えることもありますよね。「私達、肌が合うね」と女性に言われたら「セックスの相性がいい」と言われてると思って良いでしょう。

    男性も女性も長く交際を続けていく恋人を選ぶ時には、セックスの相性を重視します。それはなぜかというと、特に将来を考えて付き合っている相手の場合、”一生この人とだけセックスをする”という考えが無意識に脳裏に浮かぶためです。そのため、毎回のセックスが合わないと「苦痛」や「不満」だと感じてしまう原因に。

    なので、付き合って初めてセックスした後「肌が合う」と言われたら、お相手にとってあなたは相性のいい人という意味なので喜んでくださいね。

    「肌が合う」の同義語・類語は?


    「肌が合う」の同意語は「フィーリングが合う」または「そりが合う」などがあります。どちらも感覚が似ていて一緒にいることが楽という意味です。

    「肌が合う」という言葉はセックスの意味も含まれていますが、「フィーリングが合う」や「そりが合う」は性的な部分は抜きにして使える言葉なので、友達や仕事仲間にも使えます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)