肌が合う相手=相性抜群?肌が合う男女の特徴や判断ポイントとは?

「肌が合う人」とは、セックスの相性がいいと言われますよね。しかし、肌が合うとは具体的にどのようなことを指すのでしょうか?この記事では、肌が合う人の特徴や、肌が合うと判断するポイントをご紹介していきます。もっと心と身体を満たす恋人を見つけたい方は、ぜひご覧になってくださいね!

  • 「肌が合う」とはどういう意味?

    「あの人とは肌が合うと感じたから付き合った」というセリフを一度は聞いた事がありますよね。しかし、肌が合うとは具体的にどのような意味なのでしょうか?「実は意味をきちんと知らずに使っていた」なんて人もいるようです。

    そこで、この章では「肌が合う」とはどういう意味かをご紹介していきます。

    「肌が合う」の意味①人として相性がいい


    「肌が合う」には、人として相性がいいという意味があります。しかし、肌が合うとは触り心地だけではなく、お互いの性格や人からでる空気感が合うという意味合いも含まれています。

    性格が合うだけではなく、一緒に居てしっくりくるような感覚を覚えたときに「肌が合う」という表現を使うことが多いようです。その日初めて会った人なのに、昔から一緒にいる幼馴染のようなフィット感を感じたことはありませんか?肌が合う人とは初対面でも、違和感やぎこちなさを感じにくいのも特徴です。

    「肌が合う」の意味②セックスの相性がいい


    「肌が合う」のもう一つの意味は、セックスの相性がいいということです。セックスをすることを「肌を重ねる」と言い換えることもありますよね。「私達、肌が合うね」と女性に言われたら「セックスの相性がいい」と言われてると思って良いでしょう。

    男性も女性も長く交際を続けていく恋人を選ぶ時には、セックスの相性を重視します。それはなぜかというと、特に将来を考えて付き合っている相手の場合、”一生この人とだけセックスをする”という考えが無意識に脳裏に浮かぶためです。そのため、毎回のセックスが合わないと「苦痛」や「不満」だと感じてしまう原因に。

    なので、付き合って初めてセックスした後「肌が合う」と言われたら、お相手にとってあなたは相性のいい人という意味なので喜んでくださいね。

    「肌が合う」の同義語・類語は?


    「肌が合う」の同意語は「フィーリングが合う」または「そりが合う」などがあります。どちらも感覚が似ていて一緒にいることが楽という意味です。

    「肌が合う」という言葉はセックスの意味も含まれていますが、「フィーリングが合う」や「そりが合う」は性的な部分は抜きにして使える言葉なので、友達や仕事仲間にも使えます。
  • 肌が合う人の特徴《対人編》

    人間的に肌が合う人の特徴を知っていれば、恋愛にも役立ちますよね。

    この章では、人間的に肌が合う人の特徴をご紹介していきます。今付き合っている恋人が、肌が合う人なのかどうかチェックしてみてくださいね!

    空気感が一緒


    一緒にいて肌が合う人には空気感が一緒という特徴があります。街ゆくカップルを見ると、2人のまとう雰囲気が似ていると感じることはありませんか?空気感が一緒だと、自然と意気投合して一緒に過ごすようになるのです。

    また、空気感が一緒の人間は、示し合わせたわけではないのに、服装が似ていたり発言が似ているなどの特徴があります。たとえば、軽いノリの男性には軽いノリの女性が寄り添い、のんびりした男性にはのんびりとした女性が寄り添うなど、似た者同士が惹かれあうことが多いようです。

    好きなもの・嫌いなものが似ている


    一緒にいてラクに過ごせる肌が合う人は、好きなものと嫌いなものが似ているという特徴があります。初対面の人と好きなものが一緒だと分かり、意気投合してその日の内に…という男女のエピソードもありますよね。そのため肌が合う人とは、好きなものが似ていて、すぐに打ち解け合えます。

    また、嫌いなものが似ているというのも、人と人とが心を開き合うポイントでもあります。嫌いな人や物事に共感してくれる人がいて、「私だけじゃなかったんだ」とホッとしたことはありませんか?嫌いなものが似ていると仲間意識が芽生えるので、一緒にいてラクだと感じます。

    育った環境が似ている


    結婚相手としても最適な肌が合う人には、育った環境が似ているという特徴があります。たまたま出会った人と出身地や出身校が一緒の場合、初対面でも共通の話題が増え、他の人よりも分かり合える気がすることありませんか?育った環境が一緒だと自然と価値観が似るため、肌が合うと感じます。

    また「両親が離婚した」や「小さい頃、親から虐待されていた」などのネガティブな共通点も肌が合う人達の特徴です。他の人には理解してもらえない感情をお互いに汲み取れるため、一緒にいて過ごしやすい相手だと感じます。

    偶然の一致が多い


    一瞬で「肌が合うな」と感じる人とは、偶然の一致が多いという特徴があります。同じ人と街中で何回も会うと「いつもあの人会うな…」と意識したり、人によっては運命を感じることも。なかにはそれがキッカケで恋愛に発展することもあります。何回も偶然に会うということは、行動パターンや趣味嗜好が一緒であることを表すのです。

    また「今日はラーメンが食べたい気分だな」と発言した時に「私も同じこと思ってた」と言ってくれる人がいると一緒に過ごしやすいですよね?肌が合う人とは、考えなどの一致も多いため一緒にいて居心地がいいと思うのです。

    笑いのツボが似ている


    長く一緒にいられる肌が合う人とは、笑いのツボが似ているという特徴があります。肌が合う人とは素敵なデートコースを計画しなくても、部屋で一緒にテレビを見ているだけで楽しく過ごせ、一緒になって明るく笑い合えるでしょう。同じところで笑える関係ってとても素敵ですよね。

    また、笑いのツボが一緒だと、相手の些細な言動でも笑顔になれるのが特徴です。お笑い芸人のようなトークスキルがなくても、簡単にお互いを笑顔にできているのなら、その人は肌が合う相手です。

    言葉にしなくても気持ちが伝わる


    家族のように肌が合う人とは、言葉にしなくても気持ちが伝わることが特徴です。肌が合う人とは、お互いにちょっとした表情の変化や雰囲気の違いで、相手の感情が伝わってきます。そこため、電話をしただけでも「声が元気なさそうだったな。彼女の好きなプリンを買って家に行こう」などと、恋人のメンタルをケアし合えるのです。

    なぜ、お互いの気持ちを察し合えるかというと、肌が合う人とは性格の根本が似ているからです。「自分だったらこういう時はこうしてほしい」という感覚が一緒なので、すれ違いや勘違いが起きにくくなります。