「私、女の早漏かも…」セックスですぐイク女性の悩み&改善法を解説

  • 私は女の早漏…女性のベストな対応とは?

    自分で早漏を自覚した人は、女の早漏としてこれからどうすべきか悩んでしまうでしょう。まさかの早漏という事実に驚いたかもしれませんが、早漏の女性は意外と多く、表立っていないだけなので珍しいことではないんです。

    まずは「私は女の早漏」と受け入れてください。早漏は決して悪いことではありません。むしろメリットもたくさんあるので落ち込まないでください。では、彼氏とのセックスを楽しむためにはどうすべきかをお話しします。

    「早漏の女性がすべき対応」についてご紹介するので、ぜひ実践してくださいね。

    事前にイキやすい事を伝えておく


    彼氏といい雰囲気になってセックスの予感がしたら「私、凄くイキやすいの」と打ち明けることをおすすめします。ただし、そんな告白をされた男性はつい「いっぱいイカせよう!」と張り切ってしまうので、こう付け足してください。

    「敏感すぎて体力が持たないから、触るのは軽めにしてほしい…」とお願いをするといいでしょう。そう伝えることで、優しくしてあげようという気持ちが芽生えるはずです。

    彼への奉仕も欠かさない


    早漏の女性こそ、攻められるよりも攻めましょう。キスをしてセックスが始まったら、積極的にフェラチオへ誘導してしまうのもひとつの手です。彼氏を限界まで攻めてしまえば、すぐに挿入へと持ち込めます。

    この方法は、前戯でイキすぎてしまう女性に有効です。挿入前にバテてしまう女性は、フェラチオテクを磨くことをおすすめします。

    避けてほしい場所などを伝える


    男性の前戯はまるでAVのような強めのものばかりなので、クリトリスや乳首といった過敏な場所は避けてもらいましょう。上手く伝えられない人は、「早く入れてほしいな」と前戯を避けるようなお願いをするのも手です。

    彼氏とセックスの話をするのはとっても大切なので、自分がどんな体質で、どんな風に感じたいのかを思い切って伝えてみましょう。男性の多くは、女性の気持ちいい場所や、攻め方を勘違いしてるものです。

    特にAVのように攻めまくる彼氏には、「激しすぎてツラい」ことを正直に伝えてください。

    早めの挿入をお願いする


    クリトリスを触られただけでイキそうになる女性は、できる限り早めの挿入をお願いしましょう。先ほどのように、可愛くおねだりするのがポイントです。挿入をしたら、自分で中イキをするように努力をしてみましょう。

    Gスポットはクリトリスの根元の部分にあるので、腰を動かして当てるようにチャレンジしてみてください。彼氏としても、彼女が中イキをしてくれれば締まりもアップするので喜ぶでしょう。

    呼吸を整えて気持ちを落ち着かせる


    早漏の原因のひとつに、気持ちが焦ってしまうというものがあります。セックスに対して緊張感を持ってしまう女性は、呼吸を整えて「大丈夫」と心の中で唱えてみてください。日ごろからヨガをしたり、ストレッチをして呼吸が激しくなるのを抑えるようにしてみましょう。

    激しいセックスが好きな彼氏が相手なら、ぎゅっと抱きしめ合ったりお互いをマッサージし合うなど、身体の触れあいを大切にするようにお願いしてみては。リラックスをした方が、じっくり長いセックスができるようになりますよ。