「友情結婚」ってなに?その意味や失敗を回避するポイントを紹介!

  • 友情結婚の失敗を回避する重要ポイント

    友情結婚においてルールを細かく決めておくことはとても大事です。性行為をしなくても、愛情や友情を持って一緒に生きていける家族になれる形が、友情結婚なのです。できれば成功させて、幸せな人生を歩みたいという思いはお互いにあるでしょう。

    ではどうすれば失敗を回避することができるのでしょう。ここからは、友情結婚の失敗を回避する重要なポイントをご紹介します。友情結婚を成功へと導くものなのでチェックしてみてください。

    結婚前にお互いの価値観をよく話し合う


    友情結婚が成功したケースでも書きましたが、結婚前にお互いの価値観をよく話し合うことはとても重要です。パートナーが自分に求めるものは何か?自分がパートナーに与えられるものは何か?それぞれがどんな価値観を持っているのか?などを知ることで、相手をパートナーに選び、結婚しても大丈夫なのかを考える時間にもなるからです。

    もし少しでも自分と価値観が違うと感じた場合も、よく話し合うことで自分の考えを伝えることができます。また、パートナーの価値観も理解しておくことで、結婚後に「こんなはずじゃなかった」という事態には陥りにくくなります。

    生活ルールをきちっと決めておく


    友情結婚は、お互いよそに恋人がいる場合が多いので、別々の生活スタイルを持つことを考慮したほうがいいかもしれません。結婚生活において、生活ルールをきちんと決めておくことは重要ポイントのひとつです。

    家事はどうするのか?分担制にするのか、当番制にするのか。生活費はどうするのか?すべてを半分ずつ出すのか、項目を決めて出すのか。恋人との生活はどうするのか?今、恋人がいないとしても作っていいのか。

    「そこまで細かく決める必要はないのではないか?」と思うようなことまで決めたとしても、結婚後になって不十分だったと気づくことが発生するかもしれません。あらゆる未来を想定して、思いついたものはすべて話し合って決めておきましょう。

    子供に関する考えを話し合う


    友情結婚といえども、家族を増やすことは可能です。しかし、そのためには、子供をどうするのかについて、よく話し合う必要があります。自分の意見もパートナーの意見も両方とも出し合い、そこから最終的にどうするのかを話し合いで決めるのです。

    友情結婚でも子供が欲しいと願っているケースは少なくないので、子供に関しても価値観に違いがあるのかどうなのかをしっかり確認しましょう。

    恋人を作ってよいか決めておく


    友情結婚をしようと決めた時点で、既に恋人がいるケースもありますし、結婚後に恋人ができるケースもあります。自分たちの場合は、どうするのかをよく話し合うと良いでしょう。

    例えば、恋愛に関しては自由にしていいとか、恋人と逢う時にはパートナーに言う、恋人のところに行く時には声を掛けるといったことです。

    結婚はただ、婚姻関係になればそれでいいというものではありません。恋愛結婚や、お見合い結婚なら、他に別の恋人がいるとなれば大問題になってしまいます。友情結婚は、その辺の事情も含めてしっかり理解してからするので、なおさらパートナーの考え、自分の考えをすりあわせることが必要なのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)