【中学生必見】好きな人に告白!成功率UPのタイミング・場所とは?

中学生になって好きな人ができたものの、告白をするための方法やタイミング、セリフが分からなくて困っている人もいるでしょう。この記事では、告白の成功率をアップさせるタイミングや普段の言動を紹介します。また、成功率を下げてしまわないため注意点なども解説していきます。

  • 中学生の告白、成功の秘訣はタイミング?

    好きな人ができて、相手のことが気になってしょうがない!でも、自分はまだ中学生で、誰かに告白するなんて初めてでどうしたらいいか分からない…という人は多いのではないでしょうか?

    中学生の場合、告白を実行するタイミングが重要です。同じ相手に告白するの場でも、相手からOKの返事をもらえるのか、お断りされてしまうのかは、タイミングによって左右されてしまいます。告白成功の確率を上げるタイミングや、自分のことだけではなく相手のことも考えた告白場所などを、きっちり考えてからチャレンジするのがベストです。

    今回は、告白を成功させる秘訣といっても過言ではない「告白する場所」と「告白のタイミング」について紹介していきます。

    好きな男子、好きな女子ができた中学生のみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!
  • 中学生の告白で意識すべきタイミングの心得は?

    青春真っただ中の中学生にとって、告白は一大イベント。ついつい突っ走ってしまいがちですが、「好き!」「告白したい!」と思っても、告白するタイミングが本当に今で良いのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

    告白するときに意識したいポイントは意外に多いものです。告白の成功率をアップさせたいなら、一度冷静になって「ベストなタイミング」で告白しましょう!

    告白される側の立場になってみる


    いまどきの中学生にとっては、「直接会って告白するのは恥ずかしいから、メールかLINEを使って告白する」という告白は珍しくないかもしれません。しかし、相手の立場になって考えてみると「メールやラインで告白してくるなんて本気じゃなさそう」なんて印象を抱くことにはなりませんか?

    告白する際には、「自分ならどう告白されたら嬉しいだろうか?」「こういう告白の仕方をされたらいやだな…」というようなことを想像してみましょう。確かにLINEでの告白はハードルが低く、万が一振られた時の傷も浅く済むかもしれませんが、真剣な思いを伝えるのには向いていないかもしれません。

    振られても友達として割り切る


    タイミングばっちりの真剣な告白をしても、相手にあなたへの恋愛感情がなければ振られてしまうことはあります。万が一振られても、クラスが変わったり中学を卒業したりするまで、好きな人と喋りもせず関わりもしないのは、お互いにとってつらいことですよね。

    恋愛感情がないとはいえ、相手もぎくしゃくした関係になることは望んでいないと思います。すぐには無理かもしれませんが、もし振られても友達として割り切って接するようにし、普通に友達関係を続けられるよう努力しましょう。

    変に意識して疎遠になるより、友達として一緒に中学生生活を送れば、毎日を楽しく過ごせます。そもそも、告白をしただけで友達としての関係まで終わってしまうなんて、嫌ですよね。

    場所・タイミングを考えて告白する


    中学生が告白をする場合、タイミングや場所選びがとても大切です。学校の中や帰り道など、告白のチャンスはたくさんありますが、クラスの人が行き交うような場所や人通りが多い場所だと、告白されるほうは嬉しいどころかとても恥ずかしいもの。また、相手は告白をされたことを知られたくないタイプの人である可能性もあります。

    人に見られるのが嫌なタイプの子だった場合、人の通る可能性が高い場所で告白すると、嫌な思いをさせてしまうでしょう。告白をするときは、まず「その場所で告白をしても相手に嫌な思いをさせないかどうか」を考えてから告白するのがベストです。

    友達と一緒にいないタイミングに告白


    好きな人が友達と一緒にいるときに「ちょっと話があるから来て欲しい」などと呼び止めてしまうと、一緒にいた友達は好奇心から「なになに?」などとざわついてしまいますよね。また、あとから好きな人が「何を話してきたの~?」と質問攻めにあってしまうかもしれません。

    好きな相手を困らせないようにするためにも、一人でいるときを見計らって「いつ何時にどこに来て欲しい」と伝え、周りには気づかれないようにしましょう。

    他人の恋愛に敏感な同級生の間でうわさが広まると、その話でもちきりになってしまいますから、告白のタイミングには十分に気を付けてくださいね。