告白はタイミングがすべて!絶対成功する「好きな人への告白テク」

  • 告白を保留にされた…2度目の告白のタイミングは?

    勇気を出して告白したのに、「考えさせてほしい」などの理由で保留にされるケースも多いですよね。しかし、だからといって諦める必要はありません。実は、告白は2度目の方が成功率が高いとまで言われているのです。ここからは、一度保留にされた告白を成功させる、2度目の告白のタイミングをご紹介します。

    告白してから1ヶ月以上空いたタイミング


    保留にされると、進まない展開に焦ってついついすぐ2度目の告白をしたくなってしまいます。しかし、告白を保留にされた場合は、冷却期間を置くことが大切です。2度目の告白のタイミングは、一度目の告白から最低1ヶ月後がおすすめです。

    仲の良い友人だったり職場が同じだったりすると、尚更すぐ告白したくなりますが、1ヶ月は告白についての話題は触れないようにしてください。そうすることで、相手も落ち着いて考えることができます。

    ただ、冷却期間を3ヶ月以上空けてしまうと、そのまま告白するタイミングを逃し、手遅れになってしまう可能性があります。1ヶ月以上、3ヶ月以内のタイミングで2度目の告白に挑みましょう。

    振られた後も2人でデートをしたタイミング


    告白を保留にされたり、断られたりするとかなり落ち込みますよね。しかし、その後も2人のデートが続くようであれば、2度目の告白の成功率はかなり高いと言えます。

    相手は、告白されてあなたを異性として見ています。そしてデートでも改めてあなたのことを考えているはずです。異性として見ることで、今まで気づかなかったあなたの魅力に気づいてくれるかもしれません。

    一度目の告白に失敗してしまった後もデートが続くようであれば、2~3回目のデートのタイミングで2度目の告白をしてみましょう。ただし、告白後1回目のデートでは、まだ相手はあなたのことを考えている最中ですのであまりおすすめはできません。

    笑顔で接することが大切


    告白して保留にされたり振られたりすると、その後が気まずいと思ってしまいますよね。元々とても仲の良い友達だったのに、告白したことで気まずくなって話すことがなくなってしまったら、2度目の告白のタイミングはいつまで経っても来ません。

    2度目の告白に繋げるためにも、一度目の告白の後は、何事もなかったかのように笑顔で接することが大切です。すると相手も、「振ってしまったのに普通に接してくれるんだ」と思い、あなたの印象がかなり良くなります。

    気まずいからといって極端に避けたりすることだけはやめてくださいね。あくまで自然に、笑顔で接して、2度目の告白のタイミングを伺いましょう。

    自分磨きを忘れずに


    一度目の告白から2度目の告白までの間、タイミングを見計らうことは大切ですが、もう一つ大切なのが「自分磨き」です。

    一度目の告白で失敗してしまったのは、何かしらあなたにも原因があるはずです。相手の好きなタイプを知って、少しでも近づけるように努力してみましょう。また、自分磨きの良いタイミングだと思って、男として、女としての魅力だけでなく、人としての魅力も出せるよう、なりたい自分を目指して勉強などをするのもおすすめです。

    自分磨きをすることで、あなた自身も自信がつくはずです。そして、自分に自信のある人は輝いて見えます。相手もきっと、そんなあなたを魅力的に感じるでしょう。