さみしがりやな男女の心理・特徴とは?寂しがりや診断&克服方法も!

  • さみしがりやになってしまう原因とは?

    さみしがりやの人は、自分で自分を認めてあげられないので、つねに心の中に寂しい気持ちが渦巻いています。どうしてこのようなさみしがりやの人が出来上がってしまうのでしょうか。以下にさみしがりやの人になってしまうと考えられる原因について、いくつかご紹介していきます。

    成功体験が少なく、自分に自信がない


    さみしがりやの人は、常に周囲の人に認めてほしいと願っています。それは今までの人生で成功した経験が少なく、自信が持てないからなのです。

    成功経験が少なく、成功したとしても周りの大人たちから心ない言葉をかけられたり、無視されてきた経験があると、常に他人の承認を求めるさみしがりやの人が出来上がります。

    また成功体験を積んでいたとしても、親や教師などから「それぐらいは当たり前だ」と言われて評価されてこなかった経験もあるかもしれません。成功しても褒められなかった子どもがそのまま育つと、優秀であっても自信がない人になりやすいのです。

    親から愛されなかった過去がある


    前項の「親からの愛情に飢えている」でも紹介しましたが、多くの場合さみしがりやの人は幼少期から青年期にかけて、無条件の承認を与えてくれるはずの保護者から適切な承認をされずに育ってきたという経緯があります。

    適切な時期に適切な量の承認が得られなかったため、その時期に得られるはずの承認をある程度の年齢になっても周囲に求めてしまうのです。親に愛されなかった分の愛情を周囲に分散して求めているので、承認をたくさん得たとしても根本的な部分が満たされません。

    承認を適切に与えられなかったのは不運です。承認欲求が強いと周囲の評価に振り回されやすく、さみしがりやの人になりやすいと考えられます。

    周囲の目を気にしてしまう


    さみしがりやの人は自分のやることに自信がないので、周囲の目をとても気にします。周囲に認められることがさみしがりやの人の価値のすべてなので、周囲からどう思われているかをとても大事にするのです。

    自分の気持ちを封じ込めてしまうことが多いので、イライラやうっ憤をため込みやすい傾向も。周囲の期待に応えようとするあまり、過剰にサービスをしたり疲弊するまで頑張ったりしてしまうのです。

    周囲の人の目を気にしすぎる、周囲の評価に振り回されてしまうといった傾向は、さみしがりやの大きな特徴でもあります。また周囲に期待しすぎてしまうため、人間関係で疲れを感じやすい人が多いです。

    誰かに認められることが大事


    自分に自信がなく、承認欲求が過剰なさみしがりやの人は、周囲から認められることが何より大切です。周囲の承認が必要なので、つねに周りにほめそやしてくれる他人が必要になります。

    周囲に人がいないと自分に自信が持てないので、常にさみしがるのです。自分の自信のなさを周囲の承認によって埋めようとするので、周囲の価値観に無理やりにでも合わせようとします。

    さみしがりやの人は自分の周りに人がいてくれるなら、自分の気持ちを犠牲にすることも厭いません。周りにだれもいなくなるのが怖いので、いつでも自分を殺して相手に合わせるさみしがりやが出来上がります。