自分の過去を話す男性心理とは?話題でわかる男性の「脈ありサイン」

  • 「過去の話」以外にも、男性がこんな話をしたら脈アリ?

    「過去の話」以外にも、男性がこんな話をした時は脈アリという話題は存在します。いくつかご紹介していきますので、ご自分の体験と照らし合わせて検証してみてはいかがでしょうか。

    プライベートの話


    自分のプライベートを積極的に話す男性は脈アリではないでしょう。なぜなら、「自分のすべてを知ってもらいたい」と考えていることがうかがえるからです。

    仕事以外は家に居ることが多いのか、それとも外出している方が好きなのか…またどんなことをして過ごすのが好きなのか、赤裸々にプライベートを語ってくる男性は、ほぼ脈アリと考えても良いでしょう。

    こちらが聞かずとも自分のプライベートを話し始めたら、脈アリの可能性はとても高いといえるでしょう。

    自分の好みの話


    自分の好みの話をよくする男性も、脈アリのサインを出している可能性があります。好みといってもたくさんあります。好きな食べ物、好きなアーティスト、好きなTV番組など…。とにかく自分が好むものを教えてくるようでしたら、あなたに好意を持っているはずです。

    ほとんどの人は自分が好きなものを、好きな人にも同じように好きになってもらいたいと考えるものです。自分の好みの話をする背景には、そんな気持ちが隠されているのでしょう。

    ヒミツの話


    ”ここだけの話”など、他の人には軽々しく話せないヒミツの話を話してくる男性は、脈アリと受け取っても良いでしょう。わざわざそんな話をするのは、自分のヒミツを共有してほしい、全部をさらけ出している自分をわかってほしいという気持ちがあるからなのかもしれません。

    「他の人には話せないけど、君には話すね。」などの言葉が添えられていたら、告白されているも同じことと理解しても良いのではないでしょうか。

    自分が携わる仕事の話


    意外な脈アリなサインとしてあげられるのが、普段の自分の仕事を細かく話してくるケースです。

    なぜ仕事の話をしてくる男性が脈アリなのかというと、その心理の裏には、普段自分がしている仕事を知ってもらい尊敬されたいという気持ちが隠れているからです。

    同じ職場でもないのに、男性側から「今会社が〇〇で大変なんだ。」などの話が出たら、好意を持たれていると解釈しても良いでしょう。