自分の過去を話す男性心理とは?話題でわかる男性の「脈ありサイン」

  • 自分の過去を話す男性…その話題は?

    男性が語る「過去の話題」には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

    過去の恋愛の話


    これまで何人の女性とどんな付き合い方をしてきたか、そんな過去の恋愛を話す男性っていますよね。過去の恋愛話をするにしても、あなたとその男性の関係性によって、内容は少し変わってくるようです。

    あなたとの関係が恋人同士であった場合、過去の恋愛の話はジョークに留められる範囲で話すことが多く、事細かく説明することは少ないでしょう。しかし恋人同士ではない場合、より深刻な恋愛話になる可能性もあります。

    たとえば、彼女はどんな性格の女性だったとか、付き合うきっかけや別れの原因など、その男性にとって印象深いシーンを事細かく話すこともあるのではないでしょうか。

    過去の家族や生い立ちの話


    自分がどのように育ってきたのか、また家族の思い出などを話す男性もいるでしょう。父親・母親はどんな人で、自分の子供の頃はどんなだったかなど、とにかく自分の生い立ちについて語るパターンです。

    この話題の場合、自分の家族と生い立ちを説明するような内容の話が多く、結果その生い立ちが自分にとって良いものだったのか、悪いものだったのかというのが、ひとつの着地点になるようです。

    過去の子供時代の話


    自分の過去を話す男性には、子供時代のことを話題にする男性も多いのではないでしょうか。自分が子供の頃はどんな遊びが流行っていたとか、ブームはこれ!といったような話題です。その他、今の自分とはまったく違う性格だったといった話もあるでしょう。

    テレビで昔懐かしい場面などを目にしたとき、それに連動して自分の子供の頃の話をしだすこともあるかもしれません。

    過去の失敗談を話す


    過去に自分がどんな失敗をしてしまったかなどを話題にする男性もいるでしょう。シャレにならない大きな失敗や、そそっかしい言動から起きたうっかりミスなど、時には深刻に、時にはジョークを交えて話すことも。