自分磨きは内面から!男女別・内面を磨く方法【完全版】

  • 自分の内面を磨くってどういうこと?

    外見を磨く方法なら、簡単に思いつく人は多いでしょう。

    お肌の手入れをしたり、髪の毛を整えたり、体を鍛えたりといったように、目に見えて変化が出る自分磨きの方法であれば、何をすればいいのか簡単に見当がつきますよね。

    でも、内面を磨きたいと思ったときに、何をどうすれば磨く事ができるのか、その方法をたくさん言える人は少ないでしょう。

    では、「内面を磨く」という事は、具体的にどういった事なのでしょうか。

    自分が美しいと思える生き方をすること


    まず、自分が美しいと思えるような生き方を目指す事が大切です。

    ただし、ここで注意しておかないといけないのが、自分にとって都合が良いだけの美しさを目指すのではいけない、ということ。その美しさはとても主観的で、たとえ到達できたとしても、単なる自己満足に終わってしまうおそれがあります。

    大切なのは、自分で美しいと思えると同時に、多くの人からも美しいと思われるような生き方をする事です。

    多くの人が美しいと感じている様々な生き方の中から、自分が美しいと思える生き方をチョイスして、その美しい生き方を実践してみましょう。

    内面の美しさが外見にも影響する


    内面が美しくなると、その美しさは姿勢や立ち振る舞いなど、表面に見える形として自然に表れます。

    また、姿勢や立ち振る舞いなどには表れないにしても、内面を磨く事で、外見の美しさを保つための強靭なメンタルが鍛えられます。

    たとえば、ダイエット中にちょっと魔が差して甘いものを食べたくなっても、内面を磨いている人なら、その誘惑を自分で抑制することができるでしょうし、身だしなみが乱れていたら、「あ、ちゃんとしないと」と自分で気づいて身なりを整えることができるでしょう。

    内面を磨くことで外見も美しくなるというのは、実は大変理にかなった考え方なのです。

    自分のためになる「自分ルール」を設ける


    自分磨きに欠かせないのが、「やると決めた物事を継続して行う」ということ。大きすぎる目標を設定する必要はありません。小さなことでいいので、なにかをコツコツ継続して行うことが大切です。

    ただし、ここでもやはり重要なのは、自分で見ても他人から見てもいいと思えるルールを採用することです。

    例えば、「ダイエットの為に食事を抜く」というルールは、手っ取り早く痩せるためにはいいルールだと自分では思っても、客観的に見れば健康を損なうおそれが高く、多くの人から推奨されているダイエット法であるとは言えません。

    内面を磨くためにストイックになることも大切かもしれませんが、あくまで「誰が見ても自分磨きに適切だと言えるもの」をルールとして決めましょう。