好きすぎて胸が苦しい…!男女の心理&好きすぎて辛い気持ちの対処法

  • 男性が好きすぎて苦しいと感じる瞬間《恋人編》

    男性も付き合っている彼女のことが好きすぎて苦しくなることがあります。ここでは男性が彼女を好きすぎて苦しくなるパターンを、いくつかご紹介していきます。

    愛おしそうに見つめてきたとき


    「彼女が僕の方を愛おしそうに見ているときがあるんです。『ああ、愛されてるんだな』って思うと胸がきゅっとなって苦しくなります。」(20代男性)など、愛されている実感を持つと胸が苦しいという男性も。

    恋人に愛されてることを実感する瞬間は、何よりもうれしくて幸せな瞬間。そんなときには幸せすぎて、そして彼女のことが好きすぎて苦しくなってしまうのでしょう。

    笑顔がまぶしすぎるとき


    「彼女の笑顔が本気で可愛いんです。笑うとまぶしすぎて直視できません。まぶしすぎる笑顔を直視すると、『うっ!』ってなります。」(20代男性)など、まぶしすぎる彼女の笑顔を見ると好きすぎて苦しくなるという男性も。

    好きな女性の笑顔は、とても光り輝いて見えるに違いありません。人は好ましいものを見ると、光が強すぎて直視できないこともあります。

    優しくされたとき


    「体の調子が悪いときに家まで来ておかゆとか作ってくれたんです。おかゆの味が優しすぎて涙が出そうになりました。うれしすぎて、心が苦しくなったというか。」(30代男性)など、彼女の優しさに触れて心がギュッとしたという男性も。

    辛いときに好きな女性から優しくされたら、うれしくなってしまいますよね。この男性の場合は彼女の優しさが染みすぎて、心が苦しくなってしまったのかもしれません。

    デートの別れ際


    「彼女を見送って後ろ姿を見ていると、無性に寂しくなって苦しいときがあります。できることなら早く結婚したいです。」(20代男性)など、デートが終わって彼女を送った後に、寂しくて苦しくなるという男性もいました。

    デートの別れ際は女性だけでなく男性も苦しい思いをするようです。好きな気持ちが強いほど、別れ際は辛いもの。結婚や同棲などを考えてみてもいいかもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)